人事システムは、時代によってその姿が大きく変わっています。

人事システムのゴール

人事分野におけるシステム利用の最初期段階は、さまざまな業務の中でも最も工数のかかる業務であった給与計算を 圧倒的に合理化・効率化するための給与計算システムです。給与計算システムは、技術の進歩とともにホストコンピュータから PCへとダウンサイジングが行われましたが、基本的には給与計算に必要な人事情報を履歴できちんと管理・蓄積するしくみです。 まずはこれをしっかりと構築することが出発点です。

ウェブ技術の登場は、システムの利用者を全社に容易に拡大することを可能にしました。これにより、これまでは紙のやり取りで 行われていた目標管理や人事評価など、人事のマネジメント業務をシステム化することができるようになりました。 ウェブによる人事ワークフローにより、給与計算システムには入っていない、「なぜ」「どういう過程で」業績評価がAだったのか というプロセス情報を管理できるようになりました。基本的な人事システムの次のステップは、 一人ひとりを体系的に把握するしくみの構築です。


そして今や、人事システムは、業務効率化だけでなく、経営に対する貢献を求められるようになりました。 一人ひとりの人材を詳細に把握したデータベースをもとに、適材適所の配置ができているのか、埋もれた人材はいないのか、 高いパフォーマンスを発揮している人材はどのようなタイプなのかなど、さまざまな分析によって 人材の顕在能力・潜在能力を最大限に引き出し、企業業績の向上へ結びつけていかなければなりません。 これが人事システムの進むべき方向です。

たとえ自社に相応しいタレントマネジメントがどのようなものか、明確なビジョンができあがっていなくても構いません。 さまざまな機能を順番に導入しながら、最終的にはタレントマネジメントが実現できるシステムになる― それがスマートカンパニーです。

段階的導入のショウケース

スマートカンパニーの各モジュールは、それぞれ独立した構造となっているため、すべてのモジュールを 一度に導入する必要がなく、モジュール単位で購入が可能です。例えば、目標管理・人事評価のシステム化を第1ステップで、 キャリア管理やスキル管理を第2ステップで、というように、段階的に拡張していくことができます。

「タレントマネジメントシステム」のあるべき姿が明確でなくても、制度体系や運用形態が整ったところからシステム化を スタートし、運用を続けながらさまざまな人材情報を集め、十分に人材情報が蓄積された段階で分析機能を加え、 配置や育成に活かすというようにすれば、"使えない"システムになることはありません。 始めてみてはいかがでしょうか?

目標管理・人事評価の運用効率化

今やほとんどの企業において導入されている目標管理制度や、基準に従って社員へ給与を支払う限り何らか存在する 人事評価制度の運用は、年に数回の実施とはいえ事務コストが大きな業務の一つです。 給与計算システムや勤怠管理システムなど、事務処理システムの普及度合いに比べ、目標管理や人事評価については、 未だにExcelフォームをメールに添付してやりとりするというようなアナログ管理が多く残っています。 アナログ管理のままでは制度を運用するだけで手一杯で、蓄積されていくデータを活用することが難しいという問題があります。

タレントマネジメントシステムの検討のきっかけとして、目標管理や人事評価制度の運用を効率化し、 同時に過去の評価データをマネジメントに活かしたいという切り口は、スマートカンパニーの導入事例の中でも多数を占めています。 すでに何らかの形で制度を動かしているケースがほとんどのため、システム化の対象として取り組みやすく、 また効率化の効果も見えやすい分野です。目標管理や人事評価情報は人材情報の中でもコア情報です。 これからタレントマネジメントシステムを検討するのであれば、まずは目標管理モジュールや人事評価モジュールから 始めてみてはいかがでしょうか?

キャリアやスキルの見える化

人材に対しても、「見える化」「可視化」という考え方が広がってきましたが、実際に"何を"見えるようにするのか、 "どうやって"データを集め、更新・維持し続けるかをしっかり企画・具体化できているケースは、どれほどあるでしょうか。

スマートカンパニーでは、過去にどんなことをしてきたのかというキャリア情報(職務経歴)、 現在どんなことができるのかというスキル情報、そして将来どんな仕事がしたいのかというキャリアプランにより、 過去・現在・未来のすべての時間軸にわたって人材をしっかりと捉えることができます。 タレントマネジメントを、会社のどこにどんな人がいるのか、条件を満たすような人材がいるのかを把握するという 意味合いで考えるならば、キャリア管理やスキル管理モジュールの導入からスタートするのも良いでしょう。

目標管理や人事評価とは異なり、キャリア管理やスキル管理については、必ずしも全社で一斉に導入、利用する必要はありません。 技術部門、研究開発部門など、部署・部門を限定した部分導入も、クラウド版ならば簡単です。

基本的人事システムの整備

給与計算事務を外部委託(アウトソース)している企業など、きちんとした人事システムを持っていないことが 意外に多く見られます。給与計算や勤怠管理に必要な人事データは限られた範囲ですので、紙やExcelファイルでの管理でも 業務に支障はありませんが、人事管理、人材管理に対する意識が高まるにつれ、やはりシステム化が求められるようになってきます。

そのようなケースでは、基本的な人事データベースシステムをしっかりと整備することからはじめ、 その後でマネジメント機能をどのように拡張していくかをじっくり検討するというようなステップが良いでしょう。 スマートカンパニーを基本的な人事システムとして導入すれば、給与計算システムあるいはアウトソース先へ 人事データを渡して給与計算を行うようにすることもできます。始めてみてはいかがでしょうか?

そして人事情報モジュールによって人材情報を全社的に共有・活用できるプラットフォームさえ構築しておけば、 あとは必要なモジュールを、必要なタイミングで追加していくだけで、 ベーシックな人事システムをタレントマネジメントシステムへ簡単に進化させていくことができます。

アセスメント&分析ツール

基本データベースはもちろんのこと、人事制度の運用についてもシステム整備が済んでいる場合でも、 より多様な人材データを加え、さまざまなデータを駆使して配置や育成に活かすことのできる分析ツールとして、 スマートカンパニーを導入いただくことができます。

人事制度の運用を通じて収集できる目標管理や人事評価などの人材情報は、本人や上司の主観や申告に基づくものが 多くを占めますが、アセスメントモジュールを使用することで、適性診断やリスク分析などの客観的な診断結果も含め、 管理することができます。

アセスメントモジュールやタレント分析モジュールなど、タレントマネジメントレイヤーから始め、 すでに稼働している目標管理や人事評価ツールを、制度改定のタイミングでスマートカンパニーのモジュールに 置き換えるといったように、徐々に社内のシステムを一本化していく、 そのための土台となるシステムにスマートカンパニーは最適です。

導入事例

SmartCompany 導入実績は180社以上

100名から100,000名規模まで、さまざまな業種・業態の企業・団体にご採用いただいています。 和製タレントマネジメントシステムのパイオニアとして、今後も、新たなニーズに対応すべく、 製品・サービスの改良を続けてまいります。

  • 国土交通省
  • 宮城県
  • 釧路市
  • 恵庭市
  • 東京大学
  • 栃木市役所
  • 株式会社日立金属ソリューションズ
  • ピジョン株式会社
  • 株式会社野村総合研究所
  • 株式会社日本取引所グループ
  • ダイハツ工業株式会社
  • ニフティ株式会社
  • キョーリン製薬ホールディングス
  • ウエルシア薬局株式会社
  • 雪印メグミルク株式会社
  • 松竹株式会社
  • ブラザー工業株式会社
  • 東急建設株式会社
  • 株式会社ニチイ学館
  • 株式会社キングジム
  • 日本毛織株式会社
  • 日本キャタピラー
  • ソニーLSIデザイン株式会社
  • 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社
  • CTCシステムマネジメント株式会社
  • 一般財団法人日本食品検査
  • 株式会社CACクロア
  • 三菱食品株式会社
  • コスモエンジニアリング株式会社
  • 住商ファーマインターナショナル株式会社
  • 株式会社ベルパーク
  • 株式会社読売IS
  • 株式会社ニッセイ
  • 株式会社ワイズマン
  • クボタシステムズ株式会社
  • 三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社
  • 住友三井オートサービス
  • 株式会社読売情報開発
  • 株式会社味の素コミュニケーションズ
  • 味の素AGF株式会社
  • ジェイアール東海ホテルズ
  • 伊藤忠丸紅住商テクノスチール株式会社
  • JSR株式会社
  • 東洋鋼鈑株式会社
  • ジョンタヒラ株式会社
  • 株式会社アドバネクス
  • クオリカ株式会社
  • 株式会社北洲
  • 日本電波工業株式会社
  • NRIシステムテクノ株式会社
  • 株式会社日産アーク
  • 中央システム株式会社
  • 丸尾カルシウム株式会社
  • 株式会社コスモスモア
  • 国際紙パルプ商事株式会社
  • ヤマト科学株式会社
  • ディーブイエックス株式会社
  • キーウェアソリューションズ株式会社
  • 株式会社TOKAIマネジメントサービス
  • 米沢電気工事株式会社
  • 田淵電機株式会社
  • 株式会社アシスト
  • 第一環境株式会社
  • 濃飛倉庫運輸株式会社
  • モリト株式会社
  • 株式会社フコク
  • 社会医療法人宏潤会
  • 株式会社インフォセンス
  • 株式会社EP綜合
  • 日興システムソリューションズ
  • 株式会社税務研究会
  • 日亜化学工業株式会社
  • オプテックスグループ株式会社
  • 丸善雄松堂株式会社
  • 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
  • 株式会社アグレックス

  • ※・・・カッコ内は許諾ユーザー数