戦略人事実現へのプラットフォーム

基本システム(人事情報共有プラットフォーム)

さまざまなモジュールを動作させる土台であり、本人・上司・人事間で人材情報を共有することができます。 データベースの履歴管理、アクセス制御、上司・部下の判断などシステム全体に共通する機能と、 個人台帳やアドレス帳など最小構成のアプリケーションを提供します。

タレント分析モジュール 目標管理モジュール 人事評価モジュール 360°評価モジュール アセスメントモジュール キャリア管理モジュール スキル管理モジュール 研修管理モジュール 人事情報モジュール サーベイモジュール 機能一覧・基本機能・動作環境


人材情報を一元化

多くの場合、給与計算に必要な個人情報は給与システムに蓄積、研修の受講履歴は簡易なデータベースを作成、 目標管理や人事評価はExcelフォームをメールでやり取り、というように、人事管理についてはばらばらの道具で それぞれに管理・運用されています。スマートカンパニーは、モジュールを組み合わせることで、 さまざまな人事情報をひとつのプラットフォームに一元化できます。

立場に応じたデータ活用

スマートカンパニーは、おおまかに「本人=自分自身の情報にアクセス可」、「上司=部下の情報にアクセス可」 および「人事=全社データベースにアクセス可」の3つの立場を想定したメニュー構成になっております。 もちろん、部下がいなければ上司用のメニューは利用できない、などの制御が行われます。

高度なアクセス制御により、安心して人材情報を共有

さらに、「必要な人に、必要なタイミングで、必要な範囲の情報を提供」するための強力なアクセス制御のしくみを 実装しており(特許番号:特許4093836)、必要であればデータベースの管理項目ごとに参照可否を指定することもできます。

グループでの人材管理のしくみとしても利用可能

人材管理を、グループ全体で共通の尺度で行いたいというニーズにお応えするため、マルチカンパニーに対応しています。 例えば、ホールディングスではグループ全体の人材を参照し、傘下の各事業会社は自社の範囲で参照するといったような 利用ができます。

マルチランゲージに対応し、海外法人も含めて展開可能

国内にとどまらず、海外法人も含めたグローバルでの人材管理にも、マルチランゲージによって対応します。