人事考課に必要なすべてのプロセスをシステムで

人事評価モジュール

業績、能力、行動など複数の要素の「人事考課表」をシステム化します。職種や等級ごとに 評価シートを作り分けることもでき、さらに複数の評価要素を組み合わせて昇給や賞与評価を 行ったりするなど、さまざまな制度や運用にパラメータ設定で適合させることができます。

本人、上司、人事間のやり取りをワークフロー化

Excelファイルをメールに添付したり、ペーパー帳票をコピーして提出したりする代わりに、 画面から目標や進捗、達成度評価を入力することで、瞬時・リアルタイム・確実に本人・上司・人事間でデータを共有できます。

現場の入力だけでなく、集計や調整などの後工程もフルカバー

部門単位、全社単位で評価調整を行うために、Excelファイルやペーパーの帳票から評価結果を別のExcelファイルへ 転記するなどの面倒な作業は不要。画面からワンタッチで評価結果を集計でき、そのまま調整入力も可能です。

期中異動、兼務、プロジェクト評価にも対応

期中異動や兼務がある場合でも、それぞれでシートを作成し、各シートの評価結果を集約することができます。 上司間で申し送り、で済ませずに、評価するべき人が、評価するべき範囲をきちんと評価できます。

機能を組み合わせて、さまざまな人事制度運用に柔軟に対応

多くの場合、人事評価については業績と能力の2面で、というように複数の評価要素を用いる制度が 採用されています。スマートカンパニーでは、最大で4種類の評価要素を同時に使用できるように なっています。また、それぞれの評価要素について、例えば職種ごとに評価項目を変えることも できます。どの評価要素を使用するか、評価項目をどのような内容にするかはすべてパラメータ となっているため、カスタマイズをしなくてもほとんどの制度運用に対応できます。

人事評価・制度の変更にも、パラメータ設定で追随

評価項目の設定や評価要素の組み合わせ方(ウェイトづけ)など、さまざまなパラメータを ご用意しており、人事評価制度の変更にもほとんどの場合パラメータの変更で対応が可能です。 制度変更のたびにコストをかけてシステムをメンテナンスする必要はありません。