運用負担の少ない多面評価を実現、評価者設定も思いのまま

360°評価モジュール

評価フォームの配布、記入、回収および集計まで、すべてのプロセスをシステム化します。 フォームは自由に作成することができ、評価者の設定も現場もしくは人事で行うことができます。 記入・回収状況のモニタリング機能もあり、運用負担を大幅に削減することができます。

システム化でシート枚数を気にせず運用

一人を複数の人が評価するため、大きな組織で360°評価を実施する場合、ペーパー帳票では枚数が膨大になり、 配布や回収に大変な労力を要することになりますが、スマートカンパニーならば配布も回収もシステムで瞬時に 行うことができるため、業務コストを圧倒的に削減できます。

誰が誰を評価するかも簡単に設定

誰が誰を評価するかについては、本人が選択する方法、上司が指名する方法、あるいは人事部門にて一括して設定する方法の 3通りから選択できます。また、評価の対象となる人を、条件設定で絞り込むなどの細かいコントロールも、 システムでカバーしています。

進捗状況のモニタリングにより、期日どおりに運用

360°評価の記入状況を、画面からリアルタイムに把握することができます。記入、提出状況を確認しながら、 進捗が芳しくないところに対してはeメールやメッセージを使ってリマインドする機能を活用して、 期日どおりの運用を可能にします。

評価結果はワンタッチで集計

記入内容はデータベースに格納されているため、集計も瞬時です。個人単位の評価結果の参照はもちろん、 部署別や職種別に傾向を分析できる集計表も作成できます。 「自己評価」および「他者評価(上司評価、部下評価、同僚評価、他部門評価)」という区分でチャート形式で表示できます。

過去の評価結果との比較など、データを有効に活用

個人単位の評価結果の参照では、経年変化をたどることもできます。360°評価を人材育成に活かしている場合には、 前回の評価結果と比較し、取り組み結果を検証するといった活用が可能です。