階層構造で事業に必要なスキルセットを標準化

スキル管理モジュール

すべてのスキル項目を階層構造で整理した「スキルディクショナリ」から複数の「スキルセット」を作成し、 個人ごとに当てはまるスキルセットを選んでチェックすることで、保有スキルの見える化を簡単に実現できます。 前回のチェック結果との比較も可能です。

個人ごとのスキルチェックにより、スキルを見える化

一人ひとりがどのようなスキルを保有しているのかを、スキルチェックにより見える化します。 人事評価における能力評価と異なり、スキルチェックでは、現在携わっている仕事に関係するかどうかにかかわらず、 保有しているスキルを一通り確認します。社内に埋もれているタレント人材は、 必ずしも今、その仕事をしている人とは限りません。

階層数を気にせずにスキルディクショナリを構築

スキルはほとんどの場合、階層構造で表現されます。ところが、営業部門では3階層で済むところ、 開発部門では4階層が必要だったり、営業部門における第2階層と、開発部門における第2階層では粒度が異なったりと、 階層を全社的にきちんと揃えることは現実には困難です。スマートカンパニーでは、 階層そのものには意味を持たせていないため、レベル感を気にすることなくディクショナリを作成することができます。

スキルディクショナリから複数のスキルセットを自由に作成

ディクショナリをもとに、その部分集合たるスキルセットを複数個作成します。例えば職種で分けたり、等級で分けたり、 ディクショナリから任意にスキル項目を選んで一つのスキルセットを組み立てていきます。 個人ごとの棚卸しは、スキルセットの単位で行います。

前回結果や要求水準との比較も可能

データは履歴で管理しているため、前回のスキルチェック結果と比べることが可能です。 また、上司が部下に対し、スキル項目ごとに要求レベルを指定することも可能です。 これらを、スキル開発の参考情報として活用していただくことができます。

短期的な能力開発については、目標管理と同様にPDCAマネジメント

業績における目標管理と同様に、半期、通期のように期間を区切り、その中でスキルアップに関するPDCAサイクルを マネジメントすることができます。 目標設定や具体的な実行計画の立案、進捗管理などの機能がそのまま使えます。