人事情報の見える化とともに人事制度改革に着手。社員のモチベーションアップに貢献

導入の目的

スキルやキャリア、能力など、人事情報の見える化が必要に

  • 社員ひとりひとりのスキルやキャリア、能力の可視化できていない

選んだ理由

時間とコストをかけずにシステムを運用ができる

  • 必要なサービスがパッケージ化されていたから

導入後の成果・効果

スキルや職歴がしっかりと把握できていれば、スキルと現場のミスマッチを防ぐことができる

  • 会社の考えを個人にブレイクダウンさせる仕掛けができた
  • 目標管理やサーベイなど、人事制度運用のさらなる流れができた
  • 研修受講や資格取得を通じた自身のレベルアップが見えることで社員のモチベーションが上がった

スキルやキャリア、能力など、人事情報の見える化が必要に

導入の目的

都市と都市を結ぶ高速道路は、日本の大動脈。社会や経済活動に欠かすことのできない社会インフラです。中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社のミッションは、高速道路の安全・安心・快適性の確保。点検や調査・設計、工事を行って、常に利用しやすい道路空間作りに取り組んでいます。同社は土木や電気など、専門の技術を持った技術者集団。誰がどのような技術や能力を持っているのか、一元的に管理できていないことが、長らく課題となっていました。

「給与に関してはシステム化がされていましたが、社員ひとりひとりのスキルやキャリア、能力については可視化できていませんでした」と当時を振り返る。「部署によってはエクセルなどを使って人事情報をデータ化しているケースもありましたが、それも人によって情報が更新されていたり、されていなかったりと対応がバラバラでした」。スプレッドシートや人の頭の中でなんとか運用されているような状況だったようです。

時間とコストをかけずにシステムを運用。人事制度改革にも着手

導入の決め手

人事情報のシステム化が求められる中、数あるシステムの中から選ばれた理由が、必要なサービスがパッケージ化されていたから。一からシステムを構築するには時間とコストがかかってしまうものですが、共有のプラットフォームで人事に関するさまざまな情報を管理でき、「時間とコストをかけずに運用でき、データ入力する項目を、自社の事情に合わせて設定できる点が魅力でした」とのこと。

同社ではの導入・運用を前提に、人事制度改革を行いました。その内容は、職位制度を見直し、それぞれに明確な任務や役割を与えるというもの。「会社の考えを個人にブレイクダウンさせる仕掛けができたことで、目標管理やサーベイなど、人事制度運用のさらなる流れができました」。

モジュールの活用で社員のモチベーションと会社の評価をアップさせる

導入後の効果

人事情報を管理するためのシステムとして導入した同社。その後も研修管理モジュールやサーベイモジュールを段階的に導入し、業務に役立てています。効果を感じていると言うのが研修管理。「研修受講や資格取得を通じた自身のレベルアップが見えることで社員のモチベーションが上がったと思っております」。社員ひとりひとりが、ひと目で自分のスキルを確認できるようになったそうです。先述の通り、同社はさまざまなスキルを持った技術者の集団。研修などを通じて各個人のレベルをアップすることが、会社体の成長につながると期待されています。

また、身上報告や職務履歴などを詳しく書き込むことができる上、更新ができる点もメリットのひとつ。例えば1級土木施工管理技士の資格を持っていたとしても、経験のない現場に配置されてしまっては、その能力を発揮することができません。しかし、スキルや職歴がしっかりと把握できていれば、スキルと現場のミスマッチを防ぐことができます。「適材を適所に配置することができれば、最終的には高速道路をご利用されるお客様の評価につながります」。人事情報の管理は顧客満足度も左右するという側面を持っているようです。

社員に使用を習慣づけることが成功の近道

よりよく活用するために

『スマートカンパニー』導入当初は「使い方がよくわからないから教えてほしい」といった声がありましたが、いまでは認知度もアップ。「すっかり当たり前のものになりました」と佐野さん。「システムを入れた以上はしっかり運用できるよう、いい意味で社員を巻き込むことが大切ではないでしょうか」と、うまく運用するヒントを教えていただきました。

今後の課題はスキルやキャリア管理などモジュールを活用し、さらなる実践で役立てたいとの考えをお持ちのようです。ひとつの課題をクリアしたら、またその次の課題を解決するというように、段階的にモジュールを追加することでさらなる活用法を模索しているのだとか。

『スマートカンパニー』を活用し、業務に整合した人事情報の見える化と、社員のモチベーションアップにつながる施策を計画されています。

適材を適所に配置することができれば、やがて、高速道路をご利用されるお客様の評価につながる

人事情報が一元的に管理できておらず、もともとは人事データベースを作りたいと考えていた同社。導入後の運用方法を工夫し、すべての社員に浸透させる中で、新たな課題が見つかり、それに対処できるモジュールを追加していきました。このように社内の事情に合わせて段階的にモジュールが追加できる仕組みこそ「、スマートカンパニー」の真骨頂。無理なく、無駄なく、活用することができます。

  • 導入機能:人事情報・研修管理・サーベイ・目標管理・人事評価
社名
中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社
業種
高速道路の保全管理、調査・分析、開発
従業員数
約1,040名(2021年4月1日現在)

本社所在地:東京都新宿区西新宿1-23-7
      新宿ファーストウエスト9F
会社HP:https://www.c-nexco-het.jp/

スマカンの導入をご検討の方へ
まずは、無料でお試ししてみませんか?

まずは、無料でお試ししてみませんか?

登録後、最短1営業日で
全ての機能を無料お試し!