組織の生産性を向上させる「コンピテンシー評価」とは

組織の生産性を向上させる「コンピテンシー評価」とは

企業で活躍するハイパフォーマーには共通する能力や傾向があることがわかっています。そして、この特性を「コンピテンシー」と呼び、コンピテンシーに着目した人材開発は生産性向上や競争力強化につながるため、評価基準に導入する企業が増えています。
本記事では、コンピテンシー評価の特徴やメリット、人材マネジメントにおける活用シーンについて解説します。

コンピテンシー評価がもたらす5つのメリット

  1. ● 透明性の高い評価ができる
  2. ● 社員がモチベーション高く成長できる
  3. ● スピーディな業績への効果が見込める
  4. ● 最適な人材配置を実現できる
  5. ● 採用のミスマッチを防ぐ

コンピテンシー評価の導入は社員の成長を促進するだけでなく、人材マネジメントの質を高める効果があります。

目次

1.コンピテンシー評価とは

2.コンピテンシー評価がもたらす5つのメリット

3.コンピテンシーモデルを確立する方法

4.コンピテンシー評価を運用する上で注意すべき点

5.コンピテンシー評価は戦略的な人材マネジメントに効果的

組織の生産性を向上させる「コンピテンシー評価」とは
をダウンロード

会社名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
※日中ご連絡可能な電話番号
ご相談内容任意
スマカンをどこで
知りましたか?任意

個人情報保護方針利用規約に同意したものとします。