最適配置の実現に!今ある人材情報を最大限活用する方法

最適配置の実現に!今ある人材情報を最大限活用する方法

少子高齢化による労働力不足や、キャリアの多様化による人材流動が進む中、社員の個を活かした戦略的なタレントマネジメントにより、社内リソースの有効活用に取り組む企業が増えています。企業は労働基準法に基づき、従業員名簿の管理が義務付けられていますが、社員の氏名や住所など基本情報に限定されています。しかし、今後企業力を維持するためには、基盤となる人材の持つスキルや能力を把握し、最適配置や人材開発に活かすことが重要です。
本記事では、人材データ活用の必要性や配置に活かすメリット、最適配置を実現するための具体的な方法について解説します。

社員の才能や個性を活かした配置が企業にもたらす効果

  1. ● 個人と組織の生産性が向上する
  2. ● キャリア開発が進み優秀人材を育成できる
  3. ● エンゲージメントが高まり雇用が安定する

社員が保有する資格やスキル、経験、評価や実績、キャリア志向などの情報を配置に活かすことは、戦略を実行に移しやすくなること以外にも、企業と社員双方にさまざまな効果をもたらします。

目次

1.人材データ活用意向の高まりと実態にギャップ

2.人材データ活用は企業戦略において必要不可欠

3.社員の才能や個性を活かした配置が企業にもたらす効果

4.人材データを最適配置に活かす5つのステップ

最適配置の実現に!今ある人材情報を最大限活用する方法
をダウンロード

会社名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
※日中ご連絡可能な電話番号
ご相談内容任意
スマカンをどこで
知りましたか?任意

個人情報保護方針利用規約に同意したものとします。