離職率を改善 〜タレントマネジメントシステムの効果的な使い方〜

離職率を改善 〜タレントマネジメントシステムの効果的な使い方〜

従来は終身雇用の考え方が根強く、新卒入社から定年退職に至るまで長期間かけて人材を育成する考え方が主流でしたが、現在は転職へのネガティブな印象が無くなり、より能力を発揮できる仕事や満足いく報酬を目指し、会社を変える人が増えています。一方で、生産年齢人口は年々減少しており、優秀社員の離職は企業にとって大きな痛手です。本記事では、離職を防止するリテンションの方法や、タレントマネジメントツールを活用した最新の離職対策について解説します。

離職抑止に効果的な5つの取組み

  1. ● 社内コミュニケーションを活性化させる仕組みを作る
  2. ● ワークスタイルを柔軟に選べるようにする
  3. ● 研修やフォロー体制を構築しステップアップを促す
  4. ● 評価基準を明確化し納得度の高い評価につなげる
  5. ● 社員のコンディションを可視化し離職リスクを把握する

離職要因の中には、現場任せでは解決できないものが多くあります。会社として働きやすい体制作りや制度に取り組むとともに、現場に潜む課題や離職予兆を見抜き、タイムリーなフォローが大切です。

目次

1.離職の傾向と実績

2.人材流出を防ぐリテンションのメリット

3.離職抑止に効果的な5つの取組み

4.離職抑止に効くタレントマネジメントシステム活用法

離職率を改善 〜タレントマネジメントシステムの効果的な使い方〜
をダウンロード

会社名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
※日中ご連絡可能な電話番号
ご相談内容任意

個人情報保護方針利用規約に同意したものとします。