四半期に一度、半期に一度の振り返りでは遅い?​目標管理の効果的な運用方法

四半期に一度、半期に一度の振り返りでは遅い?​目標管理の効果的な運用方法

人事制度の一つである「目標管理」は、日本企業の半数以上が導入している代表的な制度であり、リモートワークやハイブリッドワークなど、成果重視型評価へのシフトにも目標管理は有効な手段です。目標管理の意味や導入のメリットを解説し、現場で実践できる効果的な運用方法を紹介します。

目標管理プロセスに潜む3つの要因

  1. ● 過大な目標でノルマやプレッシャーになっている
  2. ● 部下任せで上司のフォローが不十分
  3. ● 期末の評価に納得性が無い

達成に向けた声がけや面談内容の記録、業務におけるコミュニケーションなど運用中のやり取りを漏れなく管理できれば、評価やフィードバックの質と納得度が向上し、部下の成長促進につながります。

目次

1.目標管理とは

2.代表的な3つの手法と特徴(MBO、OKR、KPI)

3.目標管理の運用を問題視する現場の声

4.目標管理プロセスに潜む3つの要因

5.目標管理の効果を最大化するための運用ポイント

四半期に一度、半期に一度の振り返りでは遅い?​目標管理の効果的な運用方法
をダウンロード

会社名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
※日中ご連絡可能な電話番号
ご相談内容任意
スマカンをどこで
知りましたか?任意

個人情報保護方針利用規約に同意したものとします。