【OKR】成功の秘訣 ―人事評価との理想的な関係とは―

【OKR】成功の秘訣 ―人事評価との理想的な関係とは―

会社と組織、個人のベクトルを合わせ、社員の貢献意欲や自主性を高く働くことで生産性向上につながる「OKR」は、Googleを始めとする世界の有名企業が次々に導入し、国内でもITベンチャーを中心に広がりを見せています。一方で、OKRを導入したものの運用がうまくいかないという声や、評価への組み込み方がわからないといった意見もあるようです。

OKRを「高い目標を掲げる」ことと認識し、実現しづらいKPIを設定するのみでは企業成長に結びつきにくいでしょう。従来の人事評価制度とは実施目的や運用方法が大きく異なるため、正しく理解し、ポイントを押さえた活用が大切です。
本記事では、OKRの本質や企業から支持される理由、OKRの有効性を維持した人事評価との関係性について解説します。

OKRが支持される理由

  1. ● 社員が会社への貢献度を実感できエンゲージメントにつながる
  2. ● ボトムアップ式の目標設定で社員の自発性や挑戦心を育む
  3. ● 明確なゴールに向けたリソース配分ができる
  4. ● 組織や個人の目標がオープンになり社内連携の活性化につながる
  5. ● 市場動向や自社の状況に応じて臨機応変に対応しやすくなる

OKRが注目を集めている背景には、先行して導入した企業が急成長している実績のみならず、従来の目標管理に対する課題意識や、競争の激しいビジネス環境における企業力強化など、さまざまな効果への期待があります。具体的には以下の5つが挙げられるでしょう。

目次

1.OKRとは

2.OKRが支持される理由

3.OKRと人事評価の適したバランスとは

4.OKRの運用を成功させるためのポイント3つ

5.OKRはテレワークでも企業ビジョンに共感した仕事が可能

【OKR】成功の秘訣 ―人事評価との理想的な関係とは―
をダウンロード

会社名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
※日中ご連絡可能な電話番号
ご相談内容任意
スマカンをどこで
知りましたか?任意

個人情報保護方針利用規約に同意したものとします。