テレワーク環境下 におけるマネジメント課題とポイント

テレワーク環境下 におけるマネジメント課題とポイント

テレワークを導入した企業において、約半数の管理職が部下への指示出しや進捗把握に課題を感じているという調査結果が出ています。オフィスでは、上司が部下の様子や行動を直に見て指示やフォローができていましたが、自宅などのオフィス外では部下の実態が見えづらく、新たなマネジメント課題が叫ばれています。
テレワークは、柔軟な働き方で生産性を高めるメリットがありますが、バラバラの場所で仕事をすることで個に閉じやすい傾向があるため注意が必要です。
本記事では、ニューノーマル時代における管理職の役割やマネジメントのポイントを解説します。

想定される問題点

  1. ● 業務の悩みや自己解決が難しい問題を部下から上司に共有できず、タスク遅延やミスが発生
  2. ● チーム内や上司部下間のコミュニケーションロスにより部下の帰属意識が低下する
  3. ● 部下の成果が可視化されず正当な評価ができない
  4. ● 勤務態度が把握しづらく、モチベーションの低下や心身の不調に気づけない
  5. ● 業務上関わる人以外との交流が無く、アイデア創出やイノベーションが起きにくくなる

マネジメント層は、テレワークにおける管理者としての役割を再認識し、テレワークのメリットを最大化できる体制作りや部下の管理をする必要があります。

目次

1.テレワーク環境におけるマネジメントの実態

2.テレワークで求められるマネジメント層の役割

3.テレワークマネジメントを成功に導く5つのポイント

テレワーク環境下 におけるマネジメント課題とポイント
をダウンロード

会社名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
※日中ご連絡可能な電話番号
ご相談内容任意
スマカンをどこで
知りましたか?任意

個人情報保護方針利用規約に同意したものとします。