スマカンの活用シーン

必要なスキルの管理と
育成プランニング

社員のスキル情報も人材データベースに集約して一元管理します。
スキルと人事評価を連携し、個人のスキルアップやマネジメントの効率化、
経営方針を理解した上での教育研修などに役立てることができます。

スキル情報をクラウド上に
集約、一元化

個々の社員のスキルやレベルが把握できていない

個々の社員のスキルやレベルが
把握できていない

バランスの良い人材配置を行いたいが情報不足で人材抽出できない。

個々の社員のスキルやレベルが把握できていない

人材データーベースで写真スキルやレベルを集約して一元化できます。
集約した情報から詳細検索することで、特定スキルを持った人材をすぐに把握できます。

散在するスキル情報を集約して見える化、
最適な育成計画をサポート

部署ごとのスキルや研修管理の把握ができていない

部署ごとのスキルや
研修管理の把握ができていない

成績優秀な社員の傾向や共通点を把握できず、育成計画を決められない。

部署ごとのスキルや研修管理の把握ができていない

人材データをクロス分析することで社員一人ひとりに最適なキャリア計画と上長及び人事管理者からのアドバイスなど、最適な育成計画の運用を支援します。

人材データでキャリアシートを作成し、
計画に沿った育成を支援

社員教育の進捗状況がわからない

社員教育の進捗状況がわからない

スキルと育成計画が曖昧で適切な教育ができない。

社員教育の進捗状況がわからない

人材データでキャリアシートを管理することで、個々や職種別の計画に沿った人材育成計画を支援できます。
継続的に一元することで一般社員、管理職に向けた育成にも活用できます。

そのほかにもこんな課題を解決できます
スマカンの活用シーン

スマカンの導入をご検討の方へ
まずは、無料でお試ししてみませんか?

まずは、無料でお試ししてみませんか?

登録後、最短1営業日で
全ての機能を無料お試し!