• 2022.10.13
  • タレントマネジメント
  • 人事戦略
  • 人材採用

タレントマネジメントで採用強化|効果や役立つシステムの機能も解説

タレントマネジメントで採用強化|効果や役立つシステムの機能も解説

関連資料を無料でご利用いただけます

タレントマネジメントによる採用の強化が注目を集めています。

しかし、「タレントマネジメントでどのように採用を強化するのかわからない」「タレントマネジメントで採用を効率化したい」「そもそもタレントマネジメントは人事担当者の負担が大きい」と感じている経営者や人事担当者も少なくないでしょう。

そこで今回は、タレントマネジメントによる採用強化や、採用を強化する方法、採用の効率化にも役立つタレントマネジメントシステムについて解説していきます。

>>>採用強化の秘訣、タレントマネジメントシステムの活用法

目次(タップして開閉)

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは、企業の経営目標を実現するために戦略的な人事や成果を出すために行う人材マネジメントです。従業員個人の経験や能力などの情報を集約して管理し、適切な人材配置や人材育成、人材採用の強化につなげます。

企業によって、人事戦略の内容や抱えている課題は異なるため、企業が実現したい内容に沿ったタレントマネジメントが必要とされています。

タレントマネジメントの目的

タレントマネジメントを行う目的は、企業が抱える人事課題によっても異なりますが、一般的には大きく分けて「経営目標の実現」や「人材育成」「組織力の強化」が挙げられます。

タレントマネジメントによって、従業員の育成や組織力の強化がされ、最終的には企業の経営目標の実現を目指すとイメージするとわかりやすいでしょう。

>>>タレントマネジメントシステムの資料を見てみる

タレントマネジメントでできること

タレントマネジメントを行うことで、具体的にどのような人事課題を解決できるのか、以下で解説していきます。

人材情報の管理

タレントマネジメントを行うことで、企業で働く従業員の情報を管理できるようになります。誰がどのような経歴や能力をもち、持っているスキルや資格などを整理することで、効果的な人材配置に役立つでしょう。

目標管理

タレントマネジメントでは、目標の管理にも役立ちます。過去の目標から現時点の比較を行ったり、目標設定が自社に適しているのかを判断するヒントにもなるでしょう。

会社や組織の目標を整理して明確化することで、組織単位だけでなく従業員単位の目標も適正化しやすくなるでしょう。

人事評価

タレントマネジメントでは、実現したい経営目標や企業が求める人材に成長するために評価項目を設定します。成果や業績はもちろんですが、行動面や業務へ取り組む姿勢なども評価項目として取り入れます。

そのため、客観的な評価だけでなく、経営目標や企業を支える人材に成長できるための指標としても活用できるでしょう。従業員にとっても、目指すべき方向性を理解しやすく、納得感がある評価として受け入れやすいはずです。

採用強化

タレントマネジメントでは採用強化にも役立ちます。経営目標の実現や戦略人事の実行に必要な人材像を明確化することで、採用すべき人材を絞ることができます。

欲しい人材像を明確にすることで、実際に採用したあとのミスマッチも起こりにくくなり、結果的に離職防止にも期待できるでしょう。

人材育成

タレントマネジメントでは、人材育成にも効果的です。

経営目標実現のために必要な能力やスキル、各組織の課題を解決するために必要な人物像を明確にすることで、人材教育の効率化が期待できます。幹部候補者やリーダーの育成にも役立つでしょう。

人材配置

タレントマネジメントでは、従業員個人における経歴やスキル、成果などの情報を管理するため、適切な人材配置にも活用できます。

誰がどのような経歴や能力を持っているのかを確認したり、今必要な人材を見つける際にも役立つでしょう。

タレントマネジメントは人材不足や採用難にも効果的

タレントマネジメントが近年注目されていますが、その理由の一つには、人材不足や採用難が挙げられます。人材不足や採用難となっている具体的な要因について以下で解説します。

労働力人口の減少

タレントマネジメントが注目される背景の採用難の具体例として挙げられるのが、昨今の少子高齢化に伴う、労働力人口の減少などをはじめとした「人材不足」です。

社会全体として人材不足が起こることで、新たに採用する人材の獲得競争が生じるため、採用強化が必要とされています。また、人材が不足している中で、いかに従業員の離職を防止できるかという点が重要になってくるでしょう。そのためにも人材を管理したうえで、適切な人材配置や本人のエンゲージメントを高める必要があります。

タレントマネジメントを行うことで、欲しい人材像の明確化で効率的な採用、人材情報の管理による効果的な人材配置で、人材不足という課題に立ち向かうことができるでしょう。

人材の流動化

競争が激化する昨今においては、人材の流動化も深刻な問題の一つです。

終身雇用制や年功序列が重視されなくなっているいま、従業員にとって1つの企業にとどまる必要はなく、より労働条件のよい企業や実力が評価されやすい企業へ転職することも珍しくありません。そこで企業としては人材を定着させることが重要とされています。

タレントマネジメントでは、従業員の適性や能力を反映した適材適所の配置を実現し、従業員が活躍できる機会の創出にも役立つでしょう。その結果、従業員エンゲージメントが向上し、人材流動化を防ぐことにもつながります。

働き方の多様化

人材不足や採用難の原因として、働き方の多様化に対応できていないケースが挙げられるでしょう。

近年、女性の活躍や外国人従業員も増加しています。こうした人材にも配慮した労働環境の整備が必要でしょう。また昨今のコロナ禍で必要とされたテレワークの導入など、働き方の多様化が進んでいます。

働き方の多様化に対応できる環境の整備とともに、どの人材をどの場所に配属するかといった適材適所の配属に必要な従業員情報の管理強化も、タレントマネジメントが役立つでしょう。

採用を強化する方法

タレントマネジメントで採用強化|効果や役立つシステムの機能も解説

企業において採用を強化するための一般的な方法を、以下でご紹介します。

企業力の向上

採用を強化する方法の一つは、企業力を上げることです。企業イメージの向上、商品やサービスの認知度向上などが挙げられます。

企業PRの場は企業HPや採用サイトだけではありません。SNSを活用したり、新卒採用に活かすために若い世代に認知してもらえるような働きかけをするなど、戦略を拡大したり工夫してみましょう。

労働条件の向上

採用を強化する方法として、労働条件の向上も効果的でしょう。人材獲得で競争が起きている場合、自社を選んでもらうための要因として、よりよい労働条件であることが挙げられます。

労働環境や働きやすさ、待遇や福利厚生、企業としての教育体制などを見直して、応募者に選んでもらいやすいような労働条件の設定も重要といえるでしょう。

採用活動の活発化

採用を強化するには、採用活動を活発化させることも大切なポイントです。

広報活動の拡大や採用過程で志望度が高まるような取り組み、内定者への充実したフォローなど、工夫した採用活動が重要になってくるでしょう。

リファラル採用やアセスメント採用の取り入れ

採用強化の方法としては採用の入り口の種類を増やす方法もあるでしょう。一般的な入口である新卒採用や中途採用だけではありません。

自社の従業員から知人や友人を紹介してもらったうえで採用可否を判断する「リファラル採用」や、自社の従業員で活躍する人材の傾向をつかんだアセスメントテストを活用した「アセスメント採用」などを取り入れてみるのも、一つの手です。

タレントマネジメントを採用に活かすメリット

タレントマネジメントを採用に活かすメリットについて、以下で解説していきます。

採用する人材像が明確化できる

タレントマネジメントを行うことで、目指している経営目標や戦略人事に基づき、自社にとってどのような人材が必要なのかを明確にすることができます。

また、欲しい人材像が明確になることで、採用試験でも効率的に応募者の合否を判断することにつながるでしょう。

採用のミスマッチを防止できる

タレントマネジメントで欲しい人材像に沿って採用することで、採用後のミスマッチを防ぎ、離職防止にも効果的でしょう。

採用される側としても、企業が求める人物像に沿って採用されていることや適材適所の配属により活躍できるチャンスがあり、エンゲージメントを維持して働くことにも役立つでしょう。

組織強化につながる

タレントマネジメントを採用強化に活かすことで、企業が求める人材を採用できる可能性があがります。

その結果、成果を出せる従業員や必要な能力を持つ従業員が増えることで、組織力の強化としてもメリットがあるでしょう。

タレントマネジメントを採用で活用する際に必要なこと

タレントマネジメントを採用に活用するために必要な点について、以下でポイントを解説します。

最新の人材情報をそろえる

タレントマネジメントを活用して採用を強化するためには、まずは自社の従業員に関する情報を収集することが必要です。

従業員の情報として、経歴やマネジメント経験の有無、能力やスキル、保有する資格、将来のキャリアビジョンなどが該当します。こうした情報を収集することで、成果を出しやすい人材像や離職しやすい人の傾向を把握することに役立ちます。

まずはこうした重要な情報を収集したうえで管理し、いつでも確認できる状態にしておきましょう。また、最新の人材情報をもとに採用や人材配置に活用するためにも、人材情報の更新や管理を随時行うことが重要です。

人材情報をデータ分析や活用

人材情報を収集するだけでなく、データ分析を行ったり、データの活用も重要です。

従業員の情報を分析して、「この特性を持つ人材は成果を出しやすい」「このスキルが自社のプロジェクトに必要」といったデータを抽出することで、採用や採用後の人材配置にも役立たせることができるでしょう。

採用にも役立つタレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントを効率よく運用するために効果的なのが、タレントマネジメントシステムです。

タレントマネジメントシステムは、経営目標の実現や戦略人事の実行に役立つ多彩な機能が搭載されたシステムです。

人材情報のデータを一元的に管理ができたり、収集した情報をもとにデータ分析を行うことも可能です。既存の従業員を対象にした人事施策だけでなく、採用シーンにおいても役立ちます。

採用シーンにおいては、既存の従業員情報から、どのような人材が不足していて、自社としてどのような人材が必要なのかを明確化したり、採用管理ツールとの連携が可能なものもあります。

また、一連の採用活動における効率化も期待できるでしょう。

タレントマネジメントシステムで採用に役立つ機能

タレントマネジメントシステムには多彩な機能が搭載されていますが、採用に役立つ機能としてはどのようなものがあるのでしょうか。

人材情報の一元管理機能

タレントマネジメントシステムには従業員の情報を一元管理できる機能があります。

特にクラウド型システムの場合は、クラウド上で一括管理ができるため、いつでもどこでもすぐに従業員の情報を確認することができるでしょう。

人材情報の一元管理機能はタレントマネジメントシステムの中心的機能であり、さまざまな人事施策に活用できます。

採用シーンにおいても、欲しい人材像の明確化や活躍する従業員の傾向をつかむためにも役立つでしょう。

人材情報の収集や更新

タレントマネジメントシステムには、アンケート機能や従業員情報を従業員本人が直接入力できる場合もあります。こうした機能を活用することで、書類の回収や入力の手間などを省くことができるでしょう。

採用において従業員のデータ収集や最新情報の維持が重要な点であるため、重要な機能の一つといえるでしょう。

データ分析機能

タレントマネジメントシステムには、収集した情報をもとに、データ分析できる機能が搭載されています。活躍している従業員の特性をつかんだり、離職者のパターンや傾向把握にも効果的です。

分析結果を採用にも活用することで、無駄の少ない効率的な採用を行うことにもつながるでしょう。

タレントマネジメントシステムならスマカン

『スマカン』は、人材データの一元管理や可視化、適正な人材配置、優秀な人材育成、納得感のある人事評価など、戦略的人事の実行をサポートするタレントマネジメントシステムです。

多彩な機能の中で、採用強化にも役立つ機能が搭載されている点も魅力の一つです。

経営目標の実現を念頭に、事業計画を見据えた採用計画の立案や実行にも役立つでしょう。従業員のデータを活用し、類似性を重視した採用を強化することも可能です。

既存従業員の情報から、採用ミスマッチの防止や離職防止にも役立つため、効率的かつ効果的な人事戦略にも期待できるでしょう。

スマカンは、多くの官公庁や大学法人、さまざまな規模の民間企業への導入実績を誇ります。業種や業態を問わず幅広い企業や公的機関で、人事業務の効率化や人材情報の一元管理、データ分析から組織強化につなげることができるでしょう。

用途に合わせた柔軟なプランでお使いいただけるのも魅力のひとつ。自社の人事課題や目的に合わせて必要なものをご利用いただけます。

スマカンでは、サービス紹介資料はもちろん、人事労務のノウハウに関する資料を無料でダウンロードいただけます。また、30日間の無料トライアルもご提供していますので、まずはお気軽にお問い合わせください

まとめ

タレントマネジメントは、企業の採用を強化するうえでも重要なマネジメント手法です。

企業が「採用」を強化し成功させるためには、人材情報の収集や管理、自社が欲しい人材像の明確化、採用後の適切な人材配置が必要です。

しかし、多くの従業員を抱える中で、タレントマネジメントを実行するのは時間も労力もかかり、人事担当者の負担も増加する可能性が高いです。

そこで、タレントマネジメントを効率よく進めていくために多彩な機能を搭載するタレントマネジメントシステムを活用してみてはいかがでしょうか。

スマカンの無料トライアルはこちら
30日間無料トライアルを申し込む

記事監修

監修者

スマカン株式会社 代表取締役社長 唐沢雄三郎

2008年より、一貫して現場に寄り添う人事システムの開発に注力している起業家。戦略人事情報・人材マネジメントシステム、マイナンバー管理システムをはじめ、近年はタレントマネジメントにまで専門領域を広げ、着実に実績を積み上げている。主力製品は公共機関など多くの団体・企業に支持され、その信頼と実績をもとに日本の人材課題の解決に貢献している。

スマカンの導入をご検討の方へ
実際の画面が見られる
デモを実施中!

まずは、無料でお試ししてみませんか?

導入をご検討中のお客様

登録後、最短1営業日で
全ての機能を
お試しできます!
お気軽にお問い合わせください