• 2022.10.20
  • タレントマネジメント
  • 人事戦略

タレントマネジメントの課題|導入方法や対策や失敗しないポイントを解説

タレントマネジメントの課題|導入方法や対策や失敗しないポイントを解説

関連資料を無料でご利用いただけます

タレントマネジメントの課題には、さまざまな内容のものがあります。課題には、導入前の課題や導入後、運用中の課題などさまざまなパターンがあるでしょう。

しかし、「タレントマネジメントの課題をどのように解決していけばよいのかわからない」「そもそも自社におけるタレントマネジメントに関する課題がよくわからない」と感じている経営層や人事担当者も少なくありません。

そこで今回は、タレントマネジメントにおいて抱えがちな課題について解説しながら、対策方法やタレントマネジメントを効率化できるシステムについても解説します。

人事施策がうまくいっていない企業やタレントマネジメントの効果が感じられない企業の経営層や人事担当者はぜひチェックしてみてください。

>>>人材課題の解決をサポート『スマカン資料』を見てみる

目次(タップして開閉)

タレントマネジメントの課題とは

タレントマネジメントを行う場合、導入前の課題を克服したい場合や導入後にもさまざまな課題に直面することがあります。

導入前の課題としては、さまざまな人事課題そのものが悩みや問題になることが多いでしょう。こうした人事課題を克服するために、タレントマネジメントを導入するケースが一般的です。

さらに、タレントマネジメントを導入したあとは、運用面における課題が出てくる場合があるでしょう。

こうしたタレントマネジメントに関する課題や対策方法をご紹介する前に、まずはタレントマネジメントについて、わかりやすく簡単に解説します。

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは、企業の経営目標や戦略の実現のために、戦略的な人事施策を実行するために必要なマネジメント手法です。

タレントマネジメントでは、従業員の経歴や経験、能力やスキルなどの人材データの集約や管理を行いながら、人材配置や人材育成、採用シーンなど、さまざまな人事施策に活用します。

タレントマネジメントの目的

タレントマネジメントの目的としては、さまざまな人事課題の解決がありますが、最終的には企業における経営目標の実現や戦略人事を実践し、成功させることが一般的でしょう。

企業で働く従業員が売上や利益を生み出すことになるため、経営目標の実現には、従業員の人材管理や人事施策を適切に行うことが必要とされるのです。

タレントマネジメントのメリット

タレントマネジメントのメリットは、経営目標の実現に必要とされるさまざまな人事課題の克服(=戦略人事の実行)ができる点です。

具体的には、人材データの管理や人材育成、人材配置、採用強化、目標の管理や人事評価の適性化などが挙げられるでしょう。

タレントマネジメント導入前の課題と対策

タレントマネジメントを導入前における課題やその対策について以下でご紹介していきます。

ここでご紹介するような課題を抱えている場合は、タレントマネジメントの導入で解決できる可能性があるため、現在の自社における人事課題を踏まえながらチェックしてみてください。

自社の課題が明確化されていない

タレントマネジメントの導入前の課題としては、自社の人事課題が明確化されていないことが挙げられます。

全体的に人事課題は感じているものの、具体的な原因や明確な課題が突き詰められていないという場合です。

こうしたケースでは、まずは自社の課題を抽出し、どのような状態にすべきなのかを明確にしましょう。

課題を具体化、明確化することでタレントマネジメントの活かし方が変わるため、より効果的な運用ができるでしょう。

人材不足の原因や部署が明確になっていない

タレントマネジメントの導入前の課題として、人材不足の原因が明確になっていないことが挙げられます。

具体的に人材が不足している部署や職種を明確にできていないと、人材配置や採用シーンで活かすために非効率になる場合があります。

漠然とした人材不足という課題によりタレントマネジメントの導入を検討している場合において、まずは具体的な原因や人材が定着しにくい部署などを把握しておくと、より効率的に進めることができるでしょう。

適材適所の人材配置ができていない

タレントマネジメントの導入前の課題として、適材適所の人材配置ができていないことが挙げられます。

適材適所の人材配置を行うためには、従業員情報の収集や従業員からのヒアリングが重要です。また、適性検査を実施するなどの対策があるでしょう。

人材育成が進んでいない

タレントマネジメント導入前の課題には、人材育成がうまくいっていないという点も挙げられます。

人材育成を行うためには、従業員の将来に関するヒアリングや教育体制の準備が必要です。

タレントマネジメントを運用していく中で従業員のビジョンに関する情報を収集したり、定期的な面談等を設けることで、人材育成に必要な教育プログラムや研修、人材登用の機会を創出するきっかけになるでしょう。

人事業務の負担が重い

タレントマネジメント導入前の課題として、人事担当者の業務負担が多いことも挙げられるでしょう。

人事領域の業務は、教育や採用、目標や評価、ときには労務関連業務に至るまで、幅広い領域の業務を担います。そのため、人材管理やさまざまな人事施策を検討する余裕がないというケースもあるでしょう。

タレントマネジメントはシステムを使うことで、効率化できる部分も多くあります。効率化を目指しながら人事担当者の負担を減らすことで、より効果的な施策の実施にもつながるでしょう。

人材データの更新が滞る

タレントマネジメント導入前の課題として、従業員の人材データの更新が滞りがちな点も挙げられるでしょう。

膨大な業務を抱える人事担当者にとって、従業員の入社や退社、異動などの情報更新に追いつかず、データを更新できていないケースもあります。

しかし採用や人材配置には最新状態の従業員情報を活かすことが重要です。

このようなケースでは、システムを活用したタレントマネジメントが有効です。業務効率化で担当者の負担軽減や従業員情報の適切な管理が期待できるでしょう。

タレントマネジメント導入後の課題と対策

タレントマネジメントの導入後や運用中における課題とその対策について、ご紹介します。

目的が共有されていない

タレントマネジメントを導入する場合には、従業員への導入経緯や目的の共有が必要です。

なんのためにタレントマネジメントを導入するかという点を全員が理解していないと、従業員情報を集める際にも効果的な情報が集まらない可能性もあるでしょう。

より効果的にタレントマネジメントを行うためにも、まずは導入にかける思いや目的を共有するようにしましょう。

自社の課題の洗い出しができていない

タレントマネジメント導入後の課題の一つには、自社の人事課題が抽出できていないという点も挙げられます。

大枠の課題としては把握していても細かい原因や課題を抽出できていないことが発覚するケースなどもあります。

課題が明確になっていないと、タレントマネジメントの効果を感じにくくなってしまったり、非効率になりがちです。

人事担当者だけでなく各部署の責任者や経営層などとも話し合いを重ねるなど、課題を具体化、明確化しましょう。

自社に最適な運用ができていない

タレントマネジメント導入後の課題としては、自社に合った運用ができていないケースもあるでしょう。

たとえば、人材不足に課題があるものの、人材データの収集や人材育成にばかり時間や労力がかかってしまっているケースもあります。

また、自社にあったタレントマネジメントシステムの導入ができていないケースもあるでしょう。

自社の課題を踏まえ、優先順位をつけたり、タレントマネジメントシステムの効果的な活用を意識するようにしましょう。

業務への組み込み・定着化

タレントマネジメントでは、人材データの更新や目標の管理、評価に関する一連の流れなどを踏まえて業務への適切な組み込みが必要です。

最新状態の情報管理ができるような体制や、目標や評価の入力を効率化させる仕組みなどを検討し、できるだけ自然なかたちで業務へ組み込めるような運用を検討しましょう。

データ不足で分析ができない

タレントマネジメントを行う場合、従業員情報の活用が必須ともいえます。

スプレッドシートやExcelによる管理を行うケースもありますが、分析が行えなかったり、そもそも収集する情報量が少ない場合もあるでしょう。

データをうまく活用する場合には、専用のツールやシステムを活用して、収集した情報を分析できるようにすることで、より効果的な人事施策の実行に役立つでしょう。

運用の人的負担

タレントマネジメント導入後の課題として、人事担当者の負担が大きくなってしまう点が挙げられます。

タレントマネジメントでは、従業員情報の収集や蓄積を行ったうえで、さらに見える化や分析が重要です。こうした作業だけでも、人事担当者への負担が大きくのしかかるでしょう。

タレントマネジメントをできるだけ効率化したい場合や人事担当者が業務を抱えきれない場合は、タレントマネジメントシステムの導入がおすすめです。

タレントマネジメントに必要なデータ収集や分析などを効率化し、人事担当者の負担を大きく軽減することができるでしょう。

幹部や経営層の理解

タレントマネジメントは企業の経営目標と密接に関わるため、幹部や経営層との共通認識を持つことが重要です。

しかし、タレントマネジメントに関する知識や経験がない場合、理解が得られなかったり、スムーズに進まない可能性もあるでしょう。

まずは幹部や経営層がタレントマネジメントの重要性を理解し、ともにタレントマネジメントを進めていけるよう、研修やセミナー参加など、知識共有などの場を設けるようにしましょう。

タレントマネジメントの課題を克服するための注意点

タレントマネジメントの課題
タレントマネジメントの課題

タレントマネジメントの課題を克服するための注意点やポイントについてご紹介します。

人材データの管理を徹底する

タレントマネジメントを行う場合、まずは従業員の人材データの管理を徹底することです。

最新状態に更新することだけでなく、できるだけ詳細の情報を収集することで人材育成や人材配置にも活用することができます。

また、成果なども記録しておくことで、自社で活躍できる人材像を抽出する際にも役立ち、採用強化にも活かすことができるでしょう。

目的を常に意識する

タレントマネジメントを行う場合は、人材データの収集や管理をはじめとして、各施策を実施することが目的になりがちですが、最終的なゴール(=目的)を忘れないようにすることが重要です。

そもそも人材育成や組織強化においては、短期的に実現できるものではなく中長期的なスパンで取り組むものになるため、最初の目的やゴールを忘れがちです。

目的を常に理解していないと、長期的に継続して取り組む課題においては方向性がズレてしまうケースもあるでしょう。

なんのためにタレントマネジメントを行うのか、人事課題を解決するのかという点を常に意識しながら、目的と状況を照らし合わせて運用するようにしましょう。

PDCAをまわす

タレントマネジメントの課題を深刻化させないためには、つねにPDCAのサイクルを意識して運用することが重要です。

実施した施策が成功したのかどうか、その原因はなんなのかを常に意識したうえで日々取り組むことで、より効果的なタレントマネジメントにつながります。

タレントマネジメントの運用状況がよい場合においても、思うような結果が出ていない場合でも、PDCAを回し続けることで、その後のタレントマネジメントや戦略人事の実行に役立たせることができるでしょう。

タレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントを効率よく運用するために効果的なのが、タレントマネジメントシステムです。

タレントマネジメントシステムは、人材データの一元管理やデータ分析、人材育成や人材配置、目標や評価の管理、採用シーンなど、経営目標の実現や戦略人事の実行に役立つ多彩な機能が搭載されたシステムです。

システムに搭載された機能を活用することで、さまざまな業務を効率化することができるため、人事担当者の業務効率化にもつながるでしょう。

膨大な領域を担う人事担当者の負担を抑えながら、効率的にタレントマネジメントの運用が行えます。

タレントマネジメントシステムで解決できる課題

タレントマネジメントシステムを活用することで、具体的に解決できる課題についてご紹介します。

人材データの管理や把握

タレントマネジメントシステムでは、課題の一つである「人材データの管理や把握」を効率化できるようになります。

人材データを収集する際にも、システム上で行うことができるため、用紙の配布や回収、記入の手間を省くことができます。

また従業員の在籍情報に変更があった場合も、システム上で更新することができるため、効率化につながります。

人材を探したい場合にも、データを確認すればすぐに把握できる状態にもなるでしょう。

タレントマネジメントシステムを活用すれば、タレントマネジメントの基本にもなる人材データの管理や把握を大幅に効率化できるでしょう。

人材不足

タレントマネジメントシステムで管理する人材データの活用や採用強化により、人材不足の解消にも役立つでしょう。

たとえば人材不足に陥っている部署がある場合は、人材データから適性を持つ人材を探すことに活用できます。

データ分析などを活用して自社で活躍できる人材像の明確化ができれば、欲しい人材に沿った採用選考を意識することができ、採用活動の効率化にもつなげることができるでしょう。

適切な人材配置

タレントマネジメントシステムで管理する人材データを活用して、適性を踏まえた人材配置が行えます。

適切な人材配置ができれば、従業員のモチベーションやエンゲージメントも向上し、組織活性化や成果創出にもつながるでしょう。

人材育成や組織強化

タレントマネジメントシステムで人材育成を行うことで、リーダーの創出や将来の幹部候補育成、組織強化も期待できるでしょう。

経営目標の実現に向けた人材育成計画のもと、人材データを活用しながら教育体制の整備やアプローチ方法の工夫により、組織が求める人材像へと組織全体を底上げすることにもつながります。

タレントマネジメントシステムならスマカン

『スマカン』は、人材データの一元管理や可視化、適正な人材配置、優秀な人材育成、納得感のある人事評価など、戦略的人事の実行をサポートするタレントマネジメントシステムです。

多くの官公庁や大学法人、さまざまな規模の民間企業への導入実績を誇ります。業種や業態を問わず幅広い企業や公的機関で、人事業務の効率化や人材情報の一元管理、データ分析から組織強化につなげることができるでしょう。

用途に合わせた柔軟なプランでお使いいただけるのも魅力のひとつ。自社の人事課題や目的に合わせて必要なものをご利用いただけます。

スマカンでは、サービス紹介資料はもちろん、人事労務のノウハウに関する資料を無料でダウンロードいただけます。また、30日間の無料トライアルもご提供していますので、まずはお気軽にお問い合わせください

まとめ

タレントマネジメントの導入や運用については、課題を明確化することが重要です。

課題が明確化されていれば、適切な人事施策を実施したり、数ある人事施策の中でも優先順位をつけてタレントマネジメントを運用することができるでしょう。

さらに、タレントマネジメントの効率化をはかりたい場合には、タレントマネジメントシステムの活用がおすすめです。

タレントマネジメントシステムに搭載されている多彩な機能を活用することで、さまざまな人事施策を効率化させることが期待できるでしょう。人事担当者の負担軽減にもつながります。

タレントマネジメントがうまく運用できていない場合やタレントマネジメントの効率化をしたいという場合には、ぜひタレントマネジメントシステムをチェックしてみてください!

スマカンの無料トライアルはこちら
30日間無料トライアルを申し込む

記事監修

監修者

スマカン株式会社 代表取締役社長 唐沢雄三郎

2008年より、一貫して現場に寄り添う人事システムの開発に注力している起業家。戦略人事情報・人材マネジメントシステム、マイナンバー管理システムをはじめ、近年はタレントマネジメントにまで専門領域を広げ、着実に実績を積み上げている。主力製品は公共機関など多くの団体・企業に支持され、その信頼と実績をもとに日本の人材課題の解決に貢献している。

スマカンの導入をご検討の方へ
実際の画面が見られる
デモを実施中!

まずは、無料でお試ししてみませんか?

導入をご検討中のお客様

登録後、最短1営業日で
全ての機能を
お試しできます!
お気軽にお問い合わせください