• 2022.07.12
  • タレントマネジメント
  • 人事戦略

タレントマネジメント(タレマネ)成功のカギとは? 成功事例と失敗例から学ぶポイント

タレントマネジメント(タレマネ)成功のカギとは? 成功事例と失敗例から学ぶポイント

タレントマネジメントについて耳にする機会は増えたものの、「どのように進めたらいいかわからない」「他社のやり方が気になる」という方は多いでしょう。また実際に導入したものの、上手に機能していないという企業もあるかもしれません。

当記事では、タレントマネジメントの意味や目的をおさらいしつつ、導入に成功した企業事例とよくある失敗例をご紹介します。成功するためのポイントも合わせて解説するので、タレントマネジメント(タレマネ)導入をお考えの方、あるいは導入したものの課題を感じている方はぜひご参考になさってください。

目次(タップして開閉)

タレントマネジメント(タレマネ)とは

タレントマネジメントとは、社員(タレント)がそれぞれ持つスキルや経験を一元的に集約・管理し、人材育成などに活かし戦略的な人材マネジメントを進める考え方です。従業員に能力を最大限発揮してもらい、組織全体の生産性向上や将来的な経営目標の実現を目指します。

欧米では1990年代から提唱され始めましたが、日本で重要視されるようになったのは、2010年代になってからでした。労働力人口の減少や働き方の多様化が進む現代において、タレントマネジメントの考え方は、存在感を増しています。

なお、タレントマネジメントの取り入れ方は企業によって多種多様です。同じ人間が1人として存在しないように、企業の特色もさまざまだからです。在籍する社員のスキルや経歴など適した、独自性のある実践計画を打ち出す必要があります。

タレントマネジメント(タレマネ)の導入目的

タレントマネジメントの最大の目的は経営目標を達成することです。売上や事業の拡大、顧客満足度の向上、社会貢献できるような人材の創出などを人事側から支えていきます。

一人ひとりのパフォーマンスを最大化し、適性に合ったポジションに配置することによって業務が効率よく回せるようになります。本人のモチベーションアップも後押しし、将来のリーダー候補の発掘にもつながるでしょう。また社員同士がお互いにメンバーの得意なこと(スキル)を理解していれば、部署ごとの連携もスムーズに行えるはずです。

これらの施策により目標達成までの期間を早めることができるでしょう。

タレントマネジメント(タレマネ)における成功とは

タレントマネジメントの最大の目的は経営目標の実現です。経営目標の達成度は成功の一つの指標となりますが、具体的に何をもってタレントマネジメントに成功したといえるのでしょうか。

導入目的を達成すること

タレントマネジメントの導入目的の達成率は、成功の判断基準の一つです。経営目標が異なるように、導入目的も企業によって細かく見れば異なります。

経営目標の実現に向けて、適材適所の人材配置や人材育成の促進など企業によってさまざまな目的があるはずです。企業ごとに独自の目標になるので、正解はありません

企業の課題を解決すること

企業が抱える課題の解決になっていれば、タレントマネジメントの導入は成功といえるでしょう。導入目的と一部重なりますが、離職防止や採用ミスマッチの防止など、直面する人材課題に対して改善に向けた施策を打てている、またはその効果が出ている状態が理想です。

システム導入がゴールではない

タレントマネジメントを実施するにあたって、システムの導入を検討する企業も多いでしょう。しかし、タレントマネジメントシステムの導入はあくまでも手段であり、導入したからといって成功に導いてくれるものではありません

導入目的や抱えている企業課題に対して随時適切な活用法を考えながら、システムを運用する努力が求められます。そのためタレントマネジメントシステムを導入するなら、課題解決に向けて一緒に伴走してくれるような、サポート体制が充実している製品がおすすめです。

タレントマネジメント(タレマネ)の成功事例

タレントマネジメントの導入を考えている、導入したがうまくいっていない企業も多いでしょう。ここではタレントマネジメントの導入に成功した企業事例をご紹介します。

平等な人事評価を可能に

ある大手金融機関はグループ会社の統合をきっかけに、タレントマネジメントを導入しました。それまでは会社ごとに別の評価システムを利用していましたが、全社的に統一された人事評価が可能になったそうです。「この社員がもっとも活躍できる部署はどこか」と、グループ会社全体で適材適所を考えられるようになり、結果的に企業力のアップにつながりました。

離職率の低下

ある教育系企業は、タレントマネジメントを導入して離職率が改善しました。従業員情報を顔写真つきで一元管理したことで、従業員同士のコミュニケーションが活性化したからです。

また、離職した社員のデータを分析して採用候補者の選定や働きやすい職場環境の整備に役立てました。優秀な人材の定着につながり、新たに採用活動を行う費用もかからなくなるため、コスト削減にもつながりました。

業務効率化に成功

タレントマネジメントの導入によって、作業工程数を減らして業務効率化を達成した企業もあります。

業務の一部をシステム上で完結させ、以前までアナログで進めていた業務を自動化したのです。それにより長時間労働が是正され、社員一人ひとりの生産性がアップし、働き方改革にも結びついたといいます。社員の勤務状況を可視化できるようになり、素早く情報を把握することも可能になりました。

タレントマネジメント(タレマネ)の失敗例

タレントマネジメント導入により、公平な人事評価や離職率の改善、業務効率化に成功した企業もありますが、中には失敗してしまったケースもあります。タレントマネジメントは適切に実施しないと失敗する可能性もあるのです。多くの企業が陥りがちな例をご紹介するので、参考にしてみてください。

結果が出るまで焦りすぎる

タレントマネジメントは、導入してすぐに結果が出るものではありません。適材適所の配置転換を実施しても、思うような結果が出ないこともあるでしょう。焦らずに、現段階で対処できることを一つずつ実施し、適宜見直しを行いながら進めましょう

情報を頻繁に更新しない

タレントマネジメント推進にあたり、タレントマネジメントシステムを導入した場合、注意が必要です。システム活用が形骸化し、集約した人材データを更新していない企業も中には見受けられます。

社員は日々成長しており、保有スキルやキャリアビジョンも変化している可能性があります。データは常に最新の状態に更新しておく必要があるでしょう。データ更新のフローを事前に決めておくといいです。経営目標や人事戦略を軌道修正した場合も、必要な研修などが変更になる可能性があるので、更新のタイミングとなるかもしれません。

社員の理解が得られない

タレントマネジメントの導入に際して、社員の理解が得られず、運用に失敗するケースもあります。自身のスキルや経歴が公になることに、あまりよい感情を持っていない社員もいるからです。社員がデータ提供に協力してくれなければ、システムの活用は難しくなります

全社員から理解が得られるように、導入前に丁寧な説明や質疑応答の時間を設けましょう。そして自社に適した運用や公開権限の設定などを設ける必要があります。

タレントマネジメント(タレマネ)成功のためのポイント

タレントマネジメントやタレントマネジメントシステムの成功例と失敗例を踏まえ、成功させるためのポイントを解説いたします。

人材データ共有のために導入する

タレントマネジメントシステムは、あくまで人材データを共有しやすくするツールです。導入しただけでは労働環境の改善や業績アップは望めません。

今までばらばらになって管理されていた情報を集約して可視化すること、そして人事施策や人事戦略に反映することが役割です。

自社の導入目的や課題に立ち返り、経営目標の実現に向けて何ができるかを考えましょう。

活用方法を定期的に修正する

タレントマネジメントの効果を発揮するためには、定期的に活用方法をブラッシュアップする必要があります。従業員情報も頻繁に更新しましょう。同時に社会情勢の変化や業績の状態を加味した計画変更も求められます。

タレントマネジメントを導入しただけで満足するのではなく、現状を冷静に判断して修正を重ねることが、業務効率化にもつながります。

中長期的な目線を持つ

タレントマネジメントの効果には、最低でも3〜5年ほどの長い目線を持って計画を進めましょう。早く結果を出すために、焦る必要はありません。

結果を急ぎすぎて、業務の生産性が低下する恐れもあります。人が育つのには個人差があるように、人材マネジメントが効果的に機能するには時間がかかります

タレントマネジメント(タレマネ)を成功させるには

当記事では、タレントマネジメントによって経営目標を実現するために参考になる、成功例や失敗例をご紹介しました。

まずは自社の課題や導入目的を明確にし、適したタレントマネジメントシステムを選ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。

タレントマネジメントシステム『スマカン』は、無料トライアル期間にすべての機能を無制限でお試しいただけます。自社の課題や目的に沿った機能だけを選んで始められるので、初めての導入や他社からのお乗り換えの場合も、まずはお気軽にご相談ください。

スマカンの無料トライアルはこちら
30日間無料トライアルを申し込む

スマカンの導入をご検討の方へ
実際の画面が見られる
デモを実施中!

まずは、無料でお試ししてみませんか?

導入をご検討中のお客様

登録後、最短1営業日で
全ての機能を
お試しできます!
お気軽にお問い合わせください