• 最終更新日:
  • タレントマネジメント
  • 人材育成

人材育成における7つの課題| 解決策や階層別ポイントも紹介

人材育成における7つの課題| 解決策や階層別ポイントも紹介

関連資料を無料でご利用いただけます

人材育成は、企業が率先して取り組みたい課題であり、一つひとつ対処していくことが大切です。人材育成で成果が出ると、業績や組織力の強化など企業の成長につながるためです。

しかし「人材育成が進まない」「課題が多すぎて手がつかない」という悩みを抱えている企業も少なくありません。

当記事では、人材育成の課題や解決方法を中心に解説します。人材育成が進んでいない企業や、人材育成の課題が解決できていないという企業は、ぜひ参考にしてみてください。

>>>一人ひとりに適した人材育成を実現『スマカン』サービス資料を見てみる

目次(タップして開閉)

    人材育成課題を抱える企業の割合

    人材育成の課題はさまざまな種類があり、課題を感じている企業も多いでしょう。

    厚生労働省の資料『人材開発政策の現状と課題』によると、人材育成に問題を感じている事業所は7割を超えているとされています。

    本資料では、

    ・指導する側の人材不足
    ・育成しても退職してしまう
    ・時間がない

    などの問題点が指摘されています。

    また『人材育成の現状と課題』においても、企業が競争力を高めるために今後強化すべきものとして、人材育成が約53%と最も大きな割合を占めています。

    このように、企業がビジネスで成果を出すためには、実際に業務にあたる従業員の「人材育成」が重要な課題であることがわかるでしょう。

    参照:『人材開発政策の現状と課題』厚生労働省(2020)
    参照:『人材育成の現状と課題 第3節』厚生労働省

    人材育成の課題

    人材育成の課題には、具体的にどのような種類があるのでしょうか。一般的に抱えやすい課題を中心にご紹介します。

    1.人材不足

    人材育成の課題の1つめが、育成する側の人材不足です。

    人材育成に取り組もうとしても、そもそも企業全体が人材不足であることも少なくありません。育成する側の人材がいなければ、人材育成は思うように進まないでしょう。

    人材不足によって表面的な指導のみになってしまい、中途半端な状態に陥ることもあるかもしれません。

    育成する側の人材不足の原因には、全体的に人数が不足しているほか、育成にかける十分な時間がとれないことが挙げられます。

    2.人材育成ノウハウやスキルがない

    人材育成の課題の2つめは、人材育成に関するノウハウやスキルがないことです。

    企業全体で人材育成のノウハウを持ち合わせていない場合、スムーズに取り組むことができません。また、ノウハウが確立されていない状態で人材育成に取り組むと、部署やチーム、教える人によって人材育成に差が生じてしまう場合もあるでしょう。

    また、人材育成ノウハウはあるものの育成担当者側の育成スキルが十分にない場合も、人材育成は進みにくいでしょう。

    3.重要性が理解されていない

    人材育成の課題の3つめは、企業全体として人材育成の重要性を理解できていないことが挙げられます。

    経営目標の達成や業績向上だけに重きを置いてしまい、手段である人材育成と向き合うことができていないケースです。人材育成の重要性をほかの従業員に理解されていない場合、計画通りに進められなかったり想定していた効果を得られない可能性があります。

    業績を上げるために実際の業務に取り組むのは従業員であるため、人材育成の大切さを企業全体に理解してもらう必要があるでしょう。

    4.手段が目的化している

    人材育成の課題の4つめは、人材育成そのものが目的化していることです。

    本来、人材育成は企業の成長のために取り組む人事施策の一つです。最終的なゴールは企業の成長であり、経営目標の達成や生産性向上、組織力の強化です。

    人材育成が目的化してしまうと具体的な施策をともなわずに取り組んでしまったり、形式的な施策のみが実施されてしまったりするでしょう。そうなれば本来の目的を見失い、結果としてコストや時間を浪費してしまうかもしれません。

    5.計画作成が難しい

    人材育成の課題の5つめは、人材育成計画を立てることが難しい点です。

    人材育成は、短期的ではなく中長期的なスパンで会社の未来を見据えたうえで計画を立てます。しかし目的を理解できていなかったり、ゴールから逆算して計画を立てられていないと、単発的な施策が多くなり、長期的かつ継続して取り組めないかもしれません。そうなってしまうと、効果的な人材育成にはつながりにくいでしょう。

    6.従業員の意欲が低い

    人材育成の課題の6つめは、育成される従業員の意欲が低いことです。

    従業員に人材育成の目的や重要性が理解されていなかったり、成長した先にあるメリットが見えていなかったりすることが原因として挙げられるでしょう。

    従業員に理解されないままで強制的に人材育成を進めると、従業員が受け身の姿勢となってしまうため、人材育成の効果が期待できないのです。

    7.環境が整備されていない

    人材育成の課題の7つめは、環境が整備されていないことです。

    人材育成に取り組むうえでは

    ・企業全体の理解
    ・人材育成に関する制度
    ・人材育成の手法や機会

    などの環境を整える必要があります。

    社内で人材育成をしやすい環境・雰囲気づくりがされていないと、従業員は通常業務と合わせて人材育成を行うことに消極的になってしまうかもしれません。人材育成に取り組む際には、上記の環境を整えたうえで円滑に進められるようにしましょう。

    人材育成の課題を解決するために

    人材育成の課題を解決するためには、どのような対処法を取ればよいのでしょうか。人材育成における課題の解決方法を確認してみましょう。

    人材育成の課題を理解する

    人材育成の課題を解決するためには、まずは自社にどのような課題があるのかを洗い出しましょう。課題の種類や内容は多様なため、解決策もそれぞれ異なります。

    適切な解決策を講じられるよう、まずは課題を理解するようにしましょう。

    人材育成の目的を理解する

    人材育成の課題を解決するためには、企業全体として人材育成の目的を理解することが大切です。目的を理解していないと適切な施策を行えず、人材育成そのものが目的化してしまい、表面的な取り組みになってしまいがちです。

    目的を理解してもらえると、従業員が人材育成に対して積極的に取り組みやすくなるため、スムーズに進めやすくなるのです。まずは経営層に人材育成の目的や重要性を理解してもらったうえで、社内全体に共有し、理解や共感を深めるようにしましょう。

    育成計画書を作成する

    人材育成の課題を解決するために、育成計画書の作成も重要です。人材育成は、育成の対象者や階層によって方法が異なりますが、いずれにしても長期的に取り組まなければなりません。

    そのため中長期的な視野で育成段階に沿った施策を検討し、適切な人材育成計画を立てることで、計画と現状のギャップの埋め合わせをしたり次の段階を見据えて効果的に人材育成を進められるようになるでしょう。

    育成側のスキルを向上する

    人材育成の課題を解決するために、育成側のスキルも高めなくてはなりません。

    育成担当者のスキルを高められると、従業員の目標達成やモチベーション向上につながりやすくなるためです。育成する側に必要なスキルには、コミュニケーション能力や目標管理能力などがあります。さまざまなスキルが求められるため、まずはどのようなスキルが必要かを洗い出しましょう。

    人事評価を見直す

    人材育成の課題を解決するために、人事評価制度や項目の見直しを行うのもよいでしょう。

    人事評価は日頃の従業員を適切に評価するためのものですが、企業として人材育成を重視する場合、人材育成に関する項目を評価項目に入れるのも一案です。

    人事評価の項目の一つにあることで、企業が求めている人材像を明確にしたり、従業員の成長意欲を高められたりするきっかけにもなります。また、人材育成の重要性を示すこともできるでしょう。

    育成環境を整備する

    人材育成の課題を解決するために、取り組む環境を整備する必要があります。

    特に、全社的に人材育成の重要性を理解できていない状態なら、理解を進めるのと同時に育成環境を整え、より理解や共感を深めてもらうようにしましょう。

    育成環境が整備できれば、従業員は人材育成の目的や重要性、進め方などを理解し、積極的に取り組みやすくなるでしょう。具体的には、人材育成の制度を設けたり、育成手段を準備したりなどの方法が挙げられます。

    従業員データを管理する

    人材育成の課題を解決するために、従業員データの管理や把握も大切です。人材育成に取り組む前に、誰がどのようなスキルや経歴を持っているのかを把握しましょう。

    従業員データを把握することで、育成すべき対象や内容を明確にできるはずです。従業員情報の管理はシステムを活用すると大幅な効率化が見込めるため、人材管理システムやタレントマネジメントシステムの導入がおすすめです。

    階層別に取り組む

    人材育成の課題を解決するために、人材育成は階層別に取り組むとより効果的でしょう。

    人材育成といっても、立場や役職によって取り組み方や必要な研修内容、最終的ゴールである求める人材像は異なります。若手や中堅、管理職などの階層ごとに、人材育成の制度を分類して進めることで従業員ごとに適切な人材育成を行えるため、効率的に進めることができるでしょう。

    階層別の人材育成課題と対策

    人材育成における7つの課題| 解決策や階層別ポイントも紹介

    人材育成の課題は、従業員の階層によって大きく異なるため、階層別に取り組むことをおすすめします。ここでは、従業員の階層別に具体的な人事育成の課題とその対策をご紹介します。

    若手社員の人材育成課題

    若手社員の人材育成では、以下のような課題が多いです。

    ・従業員本人のスキルが低い
    ・上司の育成スキルが低い
    ・早期離職が多い

    若手社員は、社会経験や社歴が浅いため、本人のスキルが不足している場合が多いです。新人研修やスキルアップ研修などを実施したり、体系的な教育プログラムを受けられるようにしたりするとよいでしょう。

    またせっかく人材育成を進めても、結果的に早期に離職してしまっては意味がありません。定期的な面談を通してコミュニケーションを重ね、従業員のモチベーションやエンゲージメントを高められるようにしましょう。

    中堅社員の人材育成課題

    中堅社員の人材育成では、以下のような課題が多く挙げられます。

    ・育成スキルが低い
    ・リーダー性が足りない
    ・本人の意欲や自覚が足りない

    中堅社員には、後輩の指導や部下の育成に取り組んでほしいと考える企業が多いかもしれません。

    しかし育成スキルが不足したままでは、思うように後輩や部下は育たないでしょう。部下や後輩を育てる中堅社員には、マネジメント研修を用意するのがおすすめです。

    また、会社や部署、チームを引っ張っていくリーダー性がない場合や、リーダーとしての自覚が足りていない場合もあるかもしれません。

    そのような従業員には部下を持たせたり、複数の職種を経験させたり、会社の中心を担っていく責任感と自覚を育てるよう対策を取りましょう。また、プロジェクトにおいて責任のあるポジションに任命するのも効果的といえます。

    管理職の人材育成課題

    管理職の人材育成では、以下のような課題が多く挙げられます。

    ・統率力が低い
    ・成果が出せない
    ・経営知識が足りない

    管理職の場合、部署やチーム全体を統率したり成果を創出したりする力がないことが挙げられます。

    課題に対する対策として、まずは管理職に求める人材像やスキルを明確にしておくことが大切です。それによって、将来の管理職候補やこれから管理職を目指す中堅・若手社員にも意識づけができるはずです。

    また、成果を出すためには、経営視点の考え方も必要とされます。社内外における管理職研修の受講機会を設けたうえで、幅広い学びができるよう、環境を整備しましょう。

    タレントマネジメントシステムで人材育成をサポート

    人材育成では従業員データを活用したうえで、適切な施策や課題解決に取り組む必要があります。しかし、手動で従業員データを管理することは容易ではありません。そこでおすすめしたいのが、従業員の情報をシステム上に集約できるタレントマネジメントシステムです。

    タレントマネジメントシステムは、経営目標の達成に必要な戦略人事をサポートできるシステムです。人材育成においても、従業員のスキル管理を行いながら、データ分析や人材育成計画の策定に役立つでしょう。

    『スマカン』で人材育成や人事評価をサポート

    タレントマネジメントシステム『スマカン』は、スキル管理や人材育成計画の立案をサポートするクラウドツールです。

    従業員一人ひとりが持つスキル情報を一元管理しながら、人事評価と連携し、従業員のさらなるスキルアップや必要な教育・研修の検討などに役立ちます。従業員のスキル情報や分析機能を活用することで、人材育成における課題解決への近道となるでしょう。

    『スマカン』は、多くの官公庁や大学法人、さまざまな規模の民間企業への導入実績を誇ります。業種や業態を問わず幅広い企業や公的機関で、人事業務の効率化や人材情報の一元管理、データ分析から組織力の強化につなげられるでしょう。

    目的に応じて欲しい機能だけを選べる料金プランでご利用いただけますので、多機能過ぎて使いこなせないという無駄はありません。

    スマカンでは、サービス紹介資料はもちろん、人事労務のノウハウに関する資料を無料でダウンロードいただけます。また、30日間の無料トライアルもご提供していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

    まとめ

    人材育成の課題は会社によって異なります。大切なことは、課題を理解したうえで適切な解決策を講じることです。まずは自社の人材育成の課題を洗い出し、解決に向けて優先順位をつけて取り組みましょう。

    また、人材育成の管理を効率化させるためにも、すべて手動で管理するのではなく、システムを活用して自動化や効率化を進めるのも大切です。

    ぜひ、人材管理システムやタレントマネジメントシステムを検討してみてはいかがでしょうか。

    スマカンの無料トライアルはこちら
    30日間無料トライアルを申し込む

    スマカンの導入をご検討の方へ
    実際の画面が見られる
    デモを実施中!

    まずは、無料でお試ししてみませんか?

    導入をご検討中のお客様

    登録後、最短1営業日で
    全ての機能を
    お試しできます!
    お気軽にお問い合わせください


    Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedStringException: JSMin: Unterminated String at byte 271: "<br /> in /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:214 Stack trace: #0 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(257): JSMin::minify('{"@context": "h...') #3 [internal function]: AO_Minify_HTML->_removeScriptCB(Array) #4 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(105): preg_replace_callback('/(\\s*)(<script\\...', Array, '<!DOCTYPE HTML>...') #5 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(47): AO_Minify_HTML->process() #6 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeHTML.php(105): AO_Minify_HTML::minify('<!DOCTYPE HTML>...', Array) #7 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeMain.php(592): autoptimizeHTML->minify() #8 [internal function]: autoptimizeMain->end_buffering('<!DOCTYPE HTML>...', 9) #9 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/functions.php(5420): ob_end_flush() #10 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(324): wp_ob_end_flush_all('') #11 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(348): WP_Hook->apply_filters('', Array) #12 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/plugin.php(517): WP_Hook->do_action(Array) #13 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/load.php(1270): do_action('shutdown') #14 [internal function]: shutdown_action_hook() #15 {main} thrown in /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 214