• 最終更新日:
  • タレントマネジメント
  • 人材育成

人材育成のマネジメントとは|必要性やスキル、進め方にも注目!

人材育成のマネジメントとは|必要性やスキル、進め方にも注目!

関連資料を無料でご利用いただけます

人材育成マネジメントとは、企業の成長のために欠かせない人材育成を後押しするためのマネジメントです。しかし、人材育成マネジメントについて「どのように取り組めばよいのかわからない」「マネジメント担当者に必要なスキルがわからない」と疑問を抱えている場合もあるでしょう。

そこで当記事では、人材育成マネジメントについて総合的に解説しながら、進め方やスキル、ポイントもご紹介します。人材育成の効果が出ていない企業や、これから本格的に人材育成に取り組もうとしている企業の経営者、人事担当者はぜひチェックしてみてください。

>>>一人ひとりに適した人材育成を実現『スマカン』サービス資料を見てみる

目次(タップして開閉)

    人材育成マネジメントとは

    人材育成マネジメントとは、どのような意味合いを持つのでしょうか。人材育成と混同されがちなので、まずは両者の違いを理解しておきましょう。

    人材育成とは

    人材育成とは、企業が成長するために優秀な従業員を育てることです。人材育成が成功して一人ひとりが成長すれば、企業全体の生産性や業務スキルが向上するため、経営目標が達成できたり、業績向上につながったりするでしょう。

    人材育成マネジメントとは

    人材育成マネジメントとは、人材育成を促進するために行うマネジメントです。具体的には、人材育成のために行った施策の管理や育成対象となる従業員をマネジメントすることを指します。

    人材育成自体は、短期的に結果が出るものではありません。じっくり時間をかけながら中長期的に人材を育て、会社の成長に貢献できる人材を育てます。中長期的に人材育成を実現させるためには、人材育成マネジメントの役割を担う存在が必要でしょう。

    人材育成マネジメントが注目される背景

    人材育成マネジメントが必要とされる背景はいくつかあります。なぜ人材育成マネジメントが注目され、必要とされているのかについて、ご紹介します。

    人材不足

    まずは昨今の少子高齢化にともなう、労働力人口の減少が挙げられます。

    人材が不足している中では、

    ・今いる従業員で成果を出せる組織にできるか
    ・離職を防止できるか

    という点が重要になってくるでしょう。

    人材育成を通して成果を出せる組織にすること、さらに離職を防ぐために従業員に活躍してもらうことで自社に対するエンゲージメントを高める必要があるのです。

    求められている人物像の変化

    人材育成マネジメントが必要とされる背景には、求められる人材像が変化してきたこともあります。

    IT技術の進化やDX化が浸透した現代において、データ活用やデジタルを駆使できる人材が必要とされるようになりました。時代や状況とともに求める人材像も変化したことで、人材育成マネジメントに取り組む重要性が増してきたのでしょう。

    働き方の多様化

    人材育成マネジメントは、働き方の多様化が進んだことで注目が高まりました。

    これまではオフィスへ出社して、決められた労働時間内で働くのが主流だったかもしれません。昨今は時短勤務やフレックスタイム制、テレワークなど働き方を認める企業も増えてきました。

    働き方が多様化したことで、人材育成も画一的な方法ではなく、変化に対応し強化していく必要があるといえます。そこで人材育成マネジメントが求められるようになったのです。

    人材育成マネジメントの効果やメリット

    人材育成マネジメントを行う効果やメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、人材育成マネジメントで得られるものについてご紹介します。

    経営目標の達成

    人材育成マネジメントは、企業の経営目標達成や業績の向上に効果が期待できます。一人ひとりの知識やスキルが向上すると成果につながるだけではなく、経営目標を達成するために必要な考え方や行動も身につきやすくなるため、長期的に見て有益といえるでしょう。

    モチベーション向上や組織力の強化

    人材育成マネジメントは、組織力の強化にも効果が期待できます。

    人材育成マネジメントを行うと企業が求める人材像が明確になるため、従業員の成長意欲やモチベーションが向上しやすくなるため、組織力の向上にもつながるでしょう。

    さらに、今いる若手社員を長期的な視野で育成できるため、将来的に会社の中心的な存在として能力を発揮し、組織をまとめられる人材が多く育てられる可能性が高まります。

    生産性向上

    人材育成マネジメントは、生産性向上にも効果があるでしょう。人材育成が進むと従業員一人ひとりのスキルが向上し、業務全体における生産性が向上します。

    さらに生産性が向上し、既存社員だけで十分な業績を残すことができれば、採用コストの抑制にもつながるでしょう。

    人材確保

    人材育成マネジメントでは、人材確保にも効果が期待できるでしょう。人材育成によって従業員が成長すれば、一人ひとりの能力が上がり業務を効率的に進められます。

    企業が人材不足の課題を抱えていても、既存社員のパフォーマンスを高められれば新しい人材を採用しなくてもカバーできるでしょう。

    人材育成マネジメントの進め方

    人材マネジメントは、どのような手順で進めればよいのでしょうか。適切な手順で進めることで、より効果的なマネジメントにつながります。

    一般的な人材育成マネジメントの進め方をご紹介します。

    1.人材課題を明確にする
    2.目標を設定する
    3.人材育成計画を立案する
    4.目標を共有・実行する
    5.定期的にフィードバックする

    1.人材課題を明確にする

    人材育成マネジメントの進め方として、まずは人材課題を明確にしましょう。

    企業の人材課題によって、取るべき対策や育成内容や方法も異なる場合があります。自社が必要とする人材像を育成するために、どのような課題を解決する必要があるのか明確にすることから始めましょう。

    2.目標を設定する

    人材育成マネジメントで次に取り組みたいのが、目標設定です。

    企業の経営目標や経営戦略を達成するために、各部署が担う内容を正しく理解しなければなりません。目標はできるだけ数値化したり、定量的なもので設定し、成果を測定しやすいものにしましょう。

    3.人材育成計画を立案する

    人材育成マネジメントの進め方として、次に人材育成計画を立てます。明らかになった人材課題と、企業や部署の目標を踏まえて、達成するために必要な人材像を定義します。

    現状と照らし合わせたうえで、人材育成マネジメントとして取り組みたい内容やマネジメント担当者など、具体的な内容を検討しましょう。

    4.目標を共有・実行する

    人材育成マネジメントの計画が立てられたら、社内全体に計画の内容や目標を共有しましょう。

    人材育成に取り組む際は社内全体の理解が必要です。あらためて目的や施策を詳しく説明し、従業員の理解や共感を深めるようにしましょう。

    5.定期的にフィードバックする

    人材育成マネジメントを始めたら、定期的な効果測定やフィードバックを行いましょう。

    マネジメント側と育成対象者の間でより多くのコミュニケーションを取ることで、信頼関係を構築しやすくなるはずです。マネジメント担当者からのフィードバックがあると、課題の適切な理解やモチベーションの向上など、人材の成長によい効果が生まれるでしょう。

    人材育成の課題

    人材育成の課題には、以下のような内容が挙げられます。

    1. ・人材不足で取り組めない
    2. ・人材育成ノウハウやスキルが低い
    3. ・重要性の理解されにくい
    4. ・手段が目的になりがち
    5. ・人材育成課題計画が難しい
    6. ・従業員の意欲が低い
    7. ・環境が整備されていない

    人材育成は重要な人事施策であり、企業の成長のためにも課題解決が欠かせません。まずは企業として人材育成を進めるためにも、企業全体で人材育成の重要度を理解することが大切です。

    そのうえでどのように人材育成に取り組んでいくのか、自社のさまざまな状況や課題を踏まえて人材育成計画を立てるとよいでしょう。

    >>>人材育成の課題に取り組む『スマカン』資料を見てみる

    人材育成マネジメントに役立つスキル

    人材育成のマネジメントとは|必要性やスキル、進め方にも注目!

    人材育成マネジメントに役立つスキルには、どのようなものがあるのでしょうか。

    これからマネジメント担当者を選出する際は、候補者に該当するスキルがあるかチェックしてみましょう。すでにマネジメントに取り組んでいる場合は、ご紹介するスキルを中心に高めていくことをおすすめします。

    状況把握力

    人材育成マネジメントには、状況を正確に把握する能力が必要とされています。

    日々の業務では、顧客からのクレームやメンバーからの不満など、さまざまなトラブルや予想外の事態が起こることもあるでしょう。このような事態を収束させるには、すぐに状況を飲み込み、対応や解決策を考えることが重要といえます。

    状況を把握する能力がある人材は、

    ・人の話に耳を傾けられる
    ・状況や空気を読む習慣がある
    ・相手の気持ちがわかる

    などの特徴があるといえます。

    コミュニケーションスキル

    人材育成マネジメントでは、コミュニケーションスキルも役立ちます。

    人材育成やマネジメントを行う際は、育成対象となる従業員とやりとりすることが増えるはずです。コミュニケーションスキルがあると、相手の本音を引き出したり、部下の状況を適切に把握したりしやすくなるでしょう。

    目標管理能力

    人材育成マネジメントで役立つスキルには、目標管理能力も挙げられます。

    人材育成では、対象となる従業員の目標達成を支えるために目標管理が必要です。目標に対しての進捗状況を把握したり、従業員からの報告や相談に対して的確な指導をしたりしながら、従業員の目標達成に導くスキルが求められるでしょう。

    論理的思考力

    人材育成マネジメントでは、論理的思考力も必要とされています。

    感情や周りの意見に流されて従業員に合わない人材育成を行なってしまっては効果が得られないでしょう。対象となる従業員に合った人材育成を進めるには、現状を俯瞰(ふかん)的に把握・整理し、筋道を立てて考える必要があるといえます。論理的思考力があれば、人材育成に取り組む中で生じた問題についても、因果関係を見つけて解決策を考えられるでしょう。

    リーダーシップ

    人材育成マネジメントでは、リーダーシップも重要です。

    部下を育成する中で相手を鼓舞したり、ときに厳しく指導したりする場面もあるかもしれません。どのようなときでも、リーダーとしての責任感や行動力があれば部下だけでなく周囲からの信頼も得られるでしょう。

    部下や周囲から信頼を得ることは、人材育成にも影響するはずです。「この人のようになりたい」「この人についていきたい」と慕ってもらえることが、マネジメント担当者の強みにもなるでしょう。

    人材育成マネジメントに役立つ資格

    人材育成マネジメントに活かせる資格にはどのようなものがあるのでしょうか。具体的な資格の一例を確認してみましょう。

    キャリアコンサルタント

    キャリアコンサルタントは、労働者の職業選択や能力開発などに関する助言や指導(=キャリアコンサルティング)を行う専門家であり、国家資格です。

    キャリアコンサルタントの資格取得の際に得た知識を活かして、人材育成でも従業員の能力開発や長所の伸ばし方などについて、的確な助言ができるでしょう。

    メンタルヘルス・マネジメント検定

    メンタルヘルス・マネジメント検定は、職場環境を原因とした心の病などの対策に役立つ知識を持っていることを証明する民間資格です。

    近年は過重労働や人間関係のストレスから、従業員のメンタルヘルス不調について課題を抱えている企業も少なくないでしょう。育成に真剣になるあまり、従業員を追い詰めてしまうことがあってはなりません。

    人材育成のマネジメント担当者がメンタルヘルス・マネジメント検定の取得者であれば、企業も安心して対策を任せられるでしょう。

    ビジネスマネジャー検定

    ビジネスマネジャー検定とは、マネジメントを行う人材が身につけておきたい基礎知識の習得を証明する民間資格です。

    ビジネスマネジャー検定では、コミュニケーションの重要性や部下のマネジメント、人材育成などについて網羅的に習得することができます。いずれも従業員をマネジメントするにあたって有効な知識といえるでしょう。また、チームや組織として成果を出すためのマネジメントを理解していると、従業員の育成にも役立てやすくなるでしょう。

    人材育成マネジメントの成功ポイント

    人材育成マネジメントを成功させるためのポイントをご紹介します。取り組む前に、ぜひ理解を深めておきましょう。

    人材育成計画は中長期的に計画する

    人材育成マネジメントのポイントは、人材育成計画を中長期的なスパンで策定することです。人材育成は短期的に取り組んでも成果が出るものではないということを共通認識とするようにしましょう。

    対象者の階層や育成内容によっても異なりますが、常に次のステップに向けた人材育成を意識して取り組みます。そのため人材育成計画を立てる際は、中長期的な視野で段階に沿った施策を計画しましょう。

    納得感を得られる評価を行う

    人材育成マネジメントにおいては、納得感を得やすい評価にすることも重要なポイントの一つです。従業員に対する評価において、適切で納得感のある評価が行われると、従業員のモチベーション向上につながるでしょう。

    従業員のモチベーションが向上すれば業務パフォーマンスや成長意欲にも影響するため、企業の求める人材像に近づくことが期待できます。

    マネジメント側のスキルを高める

    人材育成マネジメントでは、マネジメントスキルを高めることも大切です。担当者のマネジメントスキルを高めれば、従業員の目標達成やモチベーション向上、信頼関係の構築につながりやすくなるため、人材育成をより効果的に進められるでしょう。

    人材育成では、マネジメントする側のスキルに効果が影響するため、対象となる従業員だけでなくマネジメント担当者の育成も進めたいところです。

    従業員情報を管理・把握する

    人材育成マネジメントでは、従業員情報の管理や把握が大切です。誰がどのようなスキルや経歴を持ち、現在の部署での業務範囲や年次などを把握する必要があります。

    従業員の情報をもとに、企業として育成したい人材像とのギャップを理解することで、人材育成マネジメントで取り組むべき内容が明確になるでしょう。

    従業員情報を適切に管理するには、人材管理システムやタレントマネジメントシステムを活用するのがおすすめです。システムを活用すれば人材情報を可視化でき、人材育成マネジメントをより効率的に取り組めるでしょう。

    システムで人材育成マネジメントをサポート

    人材育成マネジメントでは従業員の情報を活用したうえで、育成対象として適切な人材に適切なサポートを行いたいところです。

    しかし、膨大な従業員の細かい情報は社内に散らばっていることが多く、把握や管理は簡単ではありません。そこで活用したいのが、従業員情報をシステム上に一元管理できるタレントマネジメントシステムです。

    タレントマネジメントシステムは、経営目標の達成に必要とされる戦略人事を進める機能が多数搭載された人事システムとして注目されています。

    人材育成マネジメントにおいても、システム上で従業員のスキル管理を行いながらデータ分析や人材育成計画の策定にも役立つでしょう。

    『スマカン』で人材育成や人事評価をサポート

    タレントマネジメントシステム『スマカン』は、スキル管理や人材育成計画の立案をサポートするクラウドツールです。

    従業員一人ひとりが持つスキル情報を一元管理しながら人事評価と連携し、従業員のさらなるスキルアップや必要な教育・研修の検討などに役立ちます。人材育成におけるマネジメントでも、従業員のスキル検索や分析機能を活用して効率的に取り組めるでしょう。

    『スマカン』は、多くの官公庁や大学法人、さまざまな規模の民間企業への導入実績を誇ります。業種や業態を問わず幅広い企業や公的機関で、人事業務の効率化や人材情報の一元管理、データ分析から組織力の強化につなげられるでしょう。

    目的に応じて欲しい機能だけを選べる料金プランでご利用いただけますので、多機能過ぎて使いこなせないという無駄はありません。

    スマカンでは、サービス紹介資料はもちろん、人事労務のノウハウに関する資料を無料でダウンロードいただけます。また、30日間の無料トライアルもご提供していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

    まとめ

    人材育成のマネジメントは、進め方やポイントを理解することが大切です。さらに、マネジメント担当者のマネジメントスキルを高めることで、人材育成をより効果的に進められるはずです。

    当記事でご紹介した、人材育成マネジメントに役立つスキルや活かせる資格を参考にしたうえで、人材育成そのものだけでなく、マネジメント側のスキル向上も意識してみましょう。

    また、人材管理システムやタレントマネジメントシステムを活用し、効率的に進めるのもおすすめです。ぜひさまざまなシステムを比較、検討してみてはいかがでしょうか。

    スマカンの無料トライアルはこちら
    30日間無料トライアルを申し込む

    スマカンの導入をご検討の方へ
    実際の画面が見られる
    デモを実施中!

    まずは、無料でお試ししてみませんか?

    導入をご検討中のお客様

    登録後、最短1営業日で
    全ての機能を
    お試しできます!
    お気軽にお問い合わせください


    Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedStringException: JSMin: Unterminated String at byte 282: "<br /> in /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:214 Stack trace: #0 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(257): JSMin::minify('{"@context": "h...') #3 [internal function]: AO_Minify_HTML->_removeScriptCB(Array) #4 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(105): preg_replace_callback('/(\\s*)(<script\\...', Array, '<!DOCTYPE HTML>...') #5 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/ao-minify-html.php(47): AO_Minify_HTML->process() #6 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeHTML.php(105): AO_Minify_HTML::minify('<!DOCTYPE HTML>...', Array) #7 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeMain.php(592): autoptimizeHTML->minify() #8 [internal function]: autoptimizeMain->end_buffering('<!DOCTYPE HTML>...', 9) #9 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/functions.php(5420): ob_end_flush() #10 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(324): wp_ob_end_flush_all('') #11 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(348): WP_Hook->apply_filters('', Array) #12 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/plugin.php(517): WP_Hook->do_action(Array) #13 /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-includes/load.php(1270): do_action('shutdown') #14 [internal function]: shutdown_action_hook() #15 {main} thrown in /home/sci/smartcompany.jp/public_html/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 214